デモンストレイション
今日はケルンで大規模なデモが行われる。
右派ポピュリスト政党AfD、
「ドイツのための選択肢(Alternative für Deutschland=AfD)」の会合が
ケルン中心地にあるホテルで行われるということで、
数多くの反右派のグループがそのホテルを目指してデモ行進をするとのこと。

午前7時から開始し、今まさに現地に向けて行進中。
その関係で、周辺のバス、トラムの運行に何らかの影響がでるようで
昨日から注意が呼びかけられていた。

昨日は昨日で、反ブラウンカラーというデモが行われた。
茶色というのは、ナチのシンボルカラーで、
反ナチズムの人々が、我々はカラフルであるということをスローガンにしたデモだった。

ケルン中心は警察が街を警らしていた。
今日は、昨日どころの騒ぎではなく非常に大規模ということで
どうなるのだろうかという感じだ。

交通機関の乱れが生じるので、今日の仕事はキャンセルになることも見越して
対応することになっている。

明日は、フランス大統領選の第1回投票日で
フランスの選挙権を持っているドイツ在住の人々の間でも
非常に大切な選挙であるという認識を持っている。

この4月、世界情勢は本当に慌ただしい。
いろんなニュース、情報を注意深く見ていきたい。
# by alhaut | 2017-04-22 18:14 | ドイツでの日々
ザクロと牡丹のタトゥー途中経過
ザクロと牡丹のタトゥー、途中経過。

b0087085_1646105.jpg


グレイシェイディングと、花の中心、ザクロの実部分の色入れ。

今週は、諸事情によりゲストワーク先の1号店にてゲストワーク。
今回初めての、ショップオーナと一緒に仕事。
時間の合間に仕事を見学させてもらうこともでき、とても良い時間だった。

b0087085_16463066.jpg


1号店の仲間は全員メタルヘッズ。

あらゆるジャンルのメタルがBGMでかかるスタジオで、
メロウなメロディックメタルからブルータルなデス、スラッシュが響き渡る
自分的にとても居心地が良いスタジオだった。

やはりこの手の音楽が自分は好きだなと思う瞬間が多かった^^

来週は、いつもの2号店へ移動。
来週はいつもと違う流れがあり、少々スペシャルな時間が始まるので
とても楽しみである。

映像での全体像。



# by alhaut | 2017-04-22 16:47 | In progress タトゥー途中経過
現在進行中のタトゥー170:リメイクタトゥー
古いタトゥーのリメイク。
b0087085_18303733.jpg

左が古いタトゥー。
右が修正中。

ひとまず、写真のみの更新。
# by alhaut | 2017-04-17 18:30 | In progress タトゥー途中経過
寒い一日
※これからドイツにこられる方は暖かい服装でお越しください。
毎年寒いですが、今年は冷えてます。
寒暖の差が激しく、暖かい日中では持ち込んだジャケットがあまりにも季節外れで
恥ずかしい気持ちになる時もありますが、夜は冷えこみます。

b0087085_23534461.jpg


ベルリンに戻った。
やはりベルリンは寒かった。
他のエリアも寒かったが、ここは一層寒かった。

天気予報を見ると、火曜日はマイナス1度に雪マーク。
4月なのに、雪か…。
最近の太陽の活動に関するニュースが気になるところ。


この時期の雪を見てみたい気もするが、
火曜日、私はすでにケルン。

そちらの天気がどうなっているのかわからないが、
花咲き乱れるドイツの春に合うような穏やかな気温になってほしい。


いつものゲストスポット。
b0087085_23541648.jpg


1か月前の庭のリンゴの木(右)は、若葉とともに、
しなびて小さくなった焼きリンゴのようなリンゴがいくつかぶら下がっていたのだが、
全部地に落ちて、代わりにリンゴの花が咲いていた。

b0087085_23543464.jpg


芽吹いて、花咲かせ、実を結び、散りゆくというサイクルを
毎年、毎年、自然の摂理に従って淡々と繰りかえす
この可憐な白い花に感動してしまった。
# by alhaut | 2017-04-16 23:55 | ドイツでの日々
ゲイシャタトゥー途中経過。移動開始
ベルリンへ出発。
ドイツは昨日からキリスト復活祭、イースターホリデー。
ここ南ドイツからベルリンへ移動する鉄道も、いつもなら18時台まであるのに、
イースターホリデー今日、土曜日は最終が15時台。

すごく不便だが、世の中がのんびりお休みモードなのでしかたなし。

ということで、朝から移動し、火曜日までベルリンで静かに過ごすことにした。
b0087085_14371715.jpg


ゲストスポットでのタトゥー、途中経過。
着実に進んでいる。

世の中、世界情勢を見るといろんなことが発生してとてもあわただしい。
自国とその周辺の事もとても気になる。
いろんな情報があふれかえっているが、何が正しい情報なのか
見極めと判断をしながら情報を見ていきたいと思う、
# by alhaut | 2017-04-15 14:37 | Tattoo Journeyタトゥー旅
時間経過後のスカルタトゥー
一年半ほど経過したタトゥーの状態。

b0087085_05410505.jpg


ちょうど一年前の昨年四月、道端でお客さんと遭遇したので、時間経過後の写真を撮りたいからスタジオに寄ってと依頼。
行くよと返事をもらったまま、現れずそれっきり。

今日、また、バッタリ遭遇、昨年と全く同じ状況、場所だった(^^)
期待しないまま、スタジオに寄ってと依頼してみたら、今回はちゃんと来てくれたので写真を撮ることができた。

時間経過後の自分の仕事を見ることができるのは
とても嬉しい。


# by alhaut | 2017-04-14 05:38
現在進行形のタトゥー169:赤龍のタトゥー
ひとまず途中経過のアップ。

b0087085_15333416.jpg

# by alhaut | 2017-04-12 15:33 | In progress タトゥー途中経過
旅の道中はいろいろある
フランクフルトからの鉄道移動は、乗り継ぎ駅で足止めを食らってしまった。
この日は、たくさんのサッカーサポーターが駅に集まっていた。

今回の試合は、シュトゥッツガルトとカールスルーエの試合。

シュトゥッツガルトとカールスルーエは同じ州ということもあって、
両サポーターのこだわり、対抗意識がかなり高まっていたようで
いつも静かなシュトゥットガルト中央駅が妙な熱気に包まれていた。

ホームに向うととすごい人だかりで、
よく見ると、機動隊の人が腕を組んで三列ほど人の壁を作り、現場に入れないよう封鎖。
線路の中にはサポーターの人たちとそれを取り囲む機動隊。

何が起こっているのかよくわからなかったが何らかのトラブルが発生して
ひとグループのサポーターたちと機動隊の人々が、
にらみ合いただ事ではなさそうな雰囲気だった。

このため、このホームに入る予定の長距離列車を別のホームに入れる関係で
私の乗る予定のローカル列車はキャンセルになってしまった…

少人数のサポーターに対して、駅を警戒するための機動隊が全員集合したような
あまりにも多勢に無勢な様子が不思議に思えたが、
暴動につながるような万が一の最悪の事態が起きたら、瞬時に鎮圧するために
大勢が集まっているのだろうと考え直した。

大人数に加え、何頭かの警察犬。
シェパードと、それからシェパードより二まわりはありそうな狼犬。
猛獣使いのようなごつい警察官が警察犬を連れている様は、
いかにもドイツといいたくなるような、重厚な強さを漂わせていた。

そこまでアグレッシブな人の性質の地域でもないので、
そんなことは起きないだろうけどやはり、無関係な人は
こういう場からは速やかに離れる方がいい。

駅のラウンジで待つこと一時間。
事態は収束し、駅はいつもの様子に戻り
私も次の列車で無事にゲストスポットに到着することができた。

いつものアパートに到着すると、母猫に遭遇。


b0087085_1202311.jpg


オーナーが焚火をしていたのだが、美味しいものがもらえると期待しているそうだ。

b0087085_1205548.jpg


穏やかな日常というのが一番良いと思った。
# by alhaut | 2017-04-11 01:24 | 旅の道中、車窓
フランクフルト春の団らん、タトゥー母娘の考え
次のゲストスポットへの移動前に、フランクフルトの友人を訪ねた。
b0087085_16213475.jpg

友人ファミリーは、IRON MAIDENの30年来の強力なサポーター。
結婚して家庭を持っても、夫婦共々、時にはちびっこ連れて、一家総出で
メイデンを追って各国を旅することを継続している。

昨年4月は、IRON MAIDENの日本公演に5歳の娘さん連れて
3人で公演に行くつもりだったのだが、日本は幼い子供の入場ができないために断念。

計画変更で、まず奥さんがひとりで日本公演に参加、
その後旦那さんが中国公演に参加、それぞれに観光をしてドイツに帰ってきた。

メタルのサポーターたちが各国を追うのはよくあることなのだが、
IRON MAIDENのサポーター、メイデンファミリーの人々は、ファン同士の絆も深く、
なんというか、さらに筋金が入っている感じだ。

この4月下旬は、ドイツ公演が始まるので私も一部合流することになっている。
みんなとの再会がとても楽しみだ。


そんなわけでここの家族とは、IRON MAIDEN, ヘヴィメタル、
それからタトゥーを通してのお付き合い。
フランクフルトのゲストワークは、必ずこことワンセット(^^)
b0087085_1622199.jpg

アットホームで素敵なファミリーである。
今日は遠方からやって来た奥さんのお母さんもいらした。

b0087085_16222345.jpg


バルコニーの向こうには、生い茂る木々。
高層ビルが立ち並ぶ大都会であってもこれだけ緑が茂り、
自然を身近に感じられるというのは、ドイツの良いところだと思う。

昼食は、お母さんの手作り料理。キャベツと豚肉の煮込みスープとマッシュポテト。
b0087085_16224678.jpg


今日の訪問の目的は、実はタトゥーの打ち合わせだったりで…(^^;;
お母さんの前でタトゥーの打ち合わせってどうよって日本人的には思ってしまうのだが、
友人は、打ち合わせ用に肌にペンで描いた下絵をお母さんに嬉しそうに披露していた。


その範囲の大きさにギョッとするお母さんが忘れられない。

「あんた、どんだけ彫るつもりなんや!」

と大阪弁風に声が聞こえてきそうだった。

お母さんはタトゥーには全く興味はないが、
娘(=友人)がタトゥーを彫ることは本人の自由と認めている。

一方の友人の方も、「私の身体のことは私が決めるのだ」と明確。
肉親だからといって干渉すべきではない事柄があるのだ、
という権利の線引きがしっかりされている。

一瞬の衝撃的な表情は、やはり忘れられないが(^^;;
すでに彫る現場にも立ち会っている好奇心旺盛な方なので、
今回も、好きにしたらと、寛大に受け入れられるのだと思う。

食事して、会話して、リラックスしていたらあっという間に鉄道の時刻。

そろそろおいとましようとしたら、
あと数分でおやつが出来上がるからとお母さんに
引き止められる。

ちょうどBerliner(ベルリナー)と呼ばれる揚げドーナツを生地から作っていて、
揚げている真っ最中だった。
b0087085_16231779.jpg

名前の由来はベルリンから来てるのだろうか。

b0087085_16234512.jpg


生地を練って、伸ばして、せっせとパンをこねるお母さんが素敵だった。


b0087085_16245287.jpg

揚げパンの中にはアプリコットジャム。

b0087085_16251125.jpg

旦那さんが、砂糖をかけて仕上げくれた。

b0087085_16253616.jpg


私の鉄道おやつ(^^)
ビニール袋で良いといったのにわざわざタッパーを持たせてくれた。

パン屋さんの定番のドーナツ生地のベルリナーでは味わえない、
サクサクもっちり生地のパンで、とても美味しかった。

フランクフルトシュトゥッツガルト間は短距離。
移動はスムーズ行くだろうと期待していたが、、、



今回は、シュトゥッツガルト中央駅で当日試合予定のサポーターたちと
機動隊によるにらみ合いが発生して、ひとつのプラットホームが運行停止。

私の乗るローカル列車がキャンセルされて、
しばらく中央駅で時間を潰さないといけない羽目になった。

しょっちゅうあちこち移動していると時々変わったことに遭遇して予定が狂わされてしまうが、
こういうことにもとても良く慣れてしまった^^;
# by alhaut | 2017-04-10 18:50 | Tattoo Journeyタトゥー旅
夕焼け、狛犬のタトゥー
b0087085_00520628.jpg

今回滞在するホテルは、高層ビルホテル。
フランクフルトには高層ビルがたくさんそびえ、
私には東京を思い出させる感じだ。

フランクフルト空港に向かう飛行機がつくる
飛行機雲と夕空が綺麗だった。

b0087085_00520655.jpg


月と飛行機。

素敵な場所だけど、実は広大な墓地の前というロケーション。
こちらの方は墓地は庭園感覚があるようで、
忌み嫌うようなものがないらしい。



最近着手したタトゥー。
獅子狛犬。

b0087085_00520763.jpg



今日はこれから、このタトゥーのフルスリーブを完成へ。

b0087085_00520709.jpg



# by alhaut | 2017-04-08 00:47



大阪の女性彫師 椋妃(Ryoki)アメリカ村に構えるショップAl-Haut(アル・ハウト)を拠点に、日々の出来事を記します。
by alhaut
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
Tattoo(タトゥー作品)
In progress タトゥー途中経過
タトゥーを彫る人、日常
ドイツでの日々
Tattoo Journeyタトゥー旅
タトゥーを彫るまでの流れ
Tattoo convention
(Brazil)ブラジルタトゥー旅
Diary(日々の出来事)
Edu(ALMAH/)タトゥー
Events(イベント)
デッサン
Painting
お客様へお知らせ
旅の道中、車窓
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 04月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧