懐かしい場所に来た
1日ゲストワークを終え、フランクフルト中央駅へ行くと、安定の鉄道遅延(´Д` )

b0087085_18054727.jpg


遅れ35分って…。

b0087085_18054850.jpg



待ちくたびれて、ようやくこの日の宿へ。

b0087085_18054890.jpg


ホテルルームから。

ここは私のドイツ生活が始まった始まりの都市。
四年ぶりにやってきた。

駅やら街角、あらゆる場所に過去の私の姿が見えた。
当時、2016年の未来のこの日の私は想像できはしないが、今日の私は過去の私に出会えたので
なんとも不思議な感覚になった。

あの日、どこで、どんな会話、どんな対話があったのか。どんな出来事が起きたのか。
あらゆる人とのあらゆることが浮かんできた。

外国での最初の一年、右も左も全くもってわからなかった。

今は当時よりも多少は生活に慣れたように思う。



過去でも、未来でもない、今ここにある現実だけが私自身の姿。

自分を信じ未来を恐れることなく、
これまでと変わることなく前進ようと思った。





# by alhaut | 2016-12-04 18:04
ゲストワーク
リンブルクでは少し散策ができ、
大聖堂にも足を運ぶことができた。

b0087085_17320277.jpg




また写真をアップしたいと思う。

b0087085_17320273.jpg



今日はフランクフルトで、
鳳凰とサムライのタトゥーを彫ったら
夜に鉄道移動で次の場所へ。



# by alhaut | 2016-12-04 17:30 | Tattoo Journeyタトゥー旅
狼、蝶、トライバル、レタリング、ミニサイズのタトゥー
ゲストワーク終了。
今日は、「聞いてないよ」ということが多い、非常にトリッキーな一日だったが無事に終了。

b0087085_7272821.jpg

狼のタトゥー。所要時間2時間半。


b0087085_728835.jpg

b0087085_7284578.jpg

ハートモチーフのトライバルに文字。家族への思いを込めたハートと言葉。
それから古いタトゥーにハートを追加。馬を飼っているので馬への愛?

1時間で施術完了させたのだけど、スケジュールには文字のタトゥー一件だけの
予約と時間配分だったので面食らってしまった。

b0087085_7291335.jpg


最後のタトゥーは、生まれた娘さんの名前。
アップサイドダウン(天地逆)のタトゥー。
以前は「天地が逆だ」と強く説明していたのだけど、
いろいろ思うところがあり、お客さんの希望に沿うことにしている。

前回のゲストワークで施術したお客さん。

b0087085_729415.jpg

色が飛んでいたのでタッチアップの必要ありなのだけど、

「じゃ、ついでにやっとくわ」

と今日担当する彫師さんがそのまま請負い無事に完了した。

私の経験上はじめてだった。
彫ったタトゥーはその彫師が最後まで面倒を見るが私の感覚だったけど、
ウォークインスタジオ(飛び込み)のお店なので、
いかにスムーズに運営するのかという点でとても柔軟性があると思った。

私もフレキシブルに合わせることにした。


休憩をはさむことなく彫り続け、バタバタだけど無事に終了。
施術時間は楽しかった。

b0087085_730653.jpg



タトゥースタジオは、ショッピングモールの中にある。
まるで真夜中のようだけど、20時。
田舎なので20時には人の気配がなくなるのでとても静か。


その後200キロのハイスピードで高速道路を走り、フランクフルトへ。
生きた心地がしなかった。。。(^^;)
# by alhaut | 2016-12-03 07:31 | Tattoo(タトゥー作品)
ゲストワーク、星、レタリング、ハイビスカスのタトゥー
ゲストワーク二日目。

b0087085_17172039.jpg



子供さんの名前と誕生日。
腕の内側には、ご自分の名前と聞いて、へーっと感心してしまった。
自分の名前を彫るというのは珍しい。
内側の名前につながるようにさらに星を追加している。

恋人の名前のカバーアップというのはよくあるけど、自分の名前なら
絶対する必要がない^^

休憩を入れて2時間半ほど。


b0087085_17174797.jpg


ハイビスカスのタトゥー、こちらは60分。

b0087085_17181193.jpg


星のタトゥー。
紙で原寸大の星の切り抜きを作ってきて希望の場所を説明してくださった^^
30分で完了。

仕事が終わったら、ショップオーナーとともにフランクフルトに移動。
明日は彼女の本店となるお店で一日仕事をして次の場所に向う予定にしている。
# by alhaut | 2016-12-02 17:18 | Tattoo(タトゥー作品)
ゲストワーク初日、スパイダーウェブのタトゥー
ゲストワーク初日。
男性の肘に、スパイダーウェブ(蜘蛛の巣)のタトゥー。



b0087085_175237.jpg

# by alhaut | 2016-12-01 17:52 | Tattoo(タトゥー作品)
旅の風景2
リンブルクに到着。

そびえ立つリンブルク大聖堂。

b0087085_23004020.jpg



車窓から見渡すとその昔は城塞だったような
城壁に囲まれたエリアがオールドシティ、町の中心のようだ。

小さな町で、駅前と町の中心は至近距離。

駅前というのは、ジャンキーや少々ガラの悪いのがたむろしているのはドイツや欧州のありがちな光景。
小さな町なので、凝縮された光と影を
一度に見る印象がここの駅前にはある。
(といっても、妙なだけで、危険ということではない)

ガラの悪そうなのを脇目に
駅からトコトコ歩いていたら、
ヤクザな風貌のMさんと遭遇。

Mさんは、しょっちゅうショップにやってきて
ショップメンバーとコーヒーを飲んで雑談していくショップのお友達。
「ショップの用心棒」と、ジョークであだ名されている見た目おっかない人。

「ショップは13:00オープンだよ。」

「知ってますよ。コーヒーでも飲んで時間つぶしますわ。」

といって別れる。といっても、また
後でショップにくつろぎに来るだろうけど(^^

クリスマスマーケットができていた。

b0087085_23004197.jpg



これからクリスマスマーケットの季節。
ドイツでは1カ月前からクリスマスムード。

時間潰しに最適。

b0087085_23004250.jpg



グリューワイン屋さん。
b0087085_23004306.jpg



仕事前にアルコールは無理だし、大体飲めないのでホットアップルをいただく。

b0087085_23004396.jpg



この三日間、どこかで観光のタイミングができたらいいなと本当に思う。





# by alhaut | 2016-11-30 22:58
旅の風景
フランクフルト中央駅。
b0087085_20130465.jpg


b0087085_20130559.jpg



突き抜ける青空ではないけど快晴で良かった。
ベルリンは毎日灰色の冬の空だったので気持ちがいい。

b0087085_20130605.jpg


街の中心部から離れる。

b0087085_20130767.jpg



山あいの町の風景が来たかと思うといきなり古城(^^
b0087085_20130774.jpg



牧場
b0087085_20130840.jpg



馬が放されていた。

b0087085_20130814.jpg


右端の小さいのは、青い防寒具(?)の馬。

山あいの町。もしくは村。

b0087085_20130925.jpg


畑。
b0087085_20131006.jpg



今日は快晴。でも明日はそうとは限らないので
風景をできるだけ堪能しようと思う。

もう少しで到着。
ゲストワーク先についてしまうと、
のんびりブログ更新ができなくなってしまうだけど、また風景をアップしたい。





# by alhaut | 2016-11-30 19:39
出発
ゲストワークに出発。
b0087085_18113230.jpg



フランクフルトに到着(^^
ここでローカルの快速に乗り換えリンブルクへ。


b0087085_18113326.jpg





写真はフォローしているFBのページから、
あまりにも可愛い上に旅のワクワクが伝わるので
シェアしてしまった(^^

# by alhaut | 2016-11-30 18:10
どうやって取得したのかという質問
日本人タトゥーアーティストがドイツで就労ビザを取得するための方法、
やり方に関するご質問にはお答えしていません。

ビザ取得は私個人のプライベートの内容になります。
私の職業はタトゥーアーティストなので、
仕事(タトゥー施術の依頼)以外の内容にはお答えできません。

インターネット上で問い合わせをしてきた実際にお会いしたことのない方、
面識のない方に対して、個人的なことをお答えすることはできません。



外国でのビザ取得は、人生を左右する大切な事柄でもあります。
赤の他人の私が何か助言をする、回答するにはあまりにも責任が大きすぎます。
また、私の発言がインターネットの世界で無責任に公開、シェアされ
一人歩きすることも望みません。

このような理由から、メールを送信されたとしてもお返事はいたしません。
返信がないからといって逆切れ、恫喝するようなメールはもってのほかです。


ドイツでは、タトゥーアーティストは世の中に十分に認められた職業です。
私の就労ビザには「職業、タトゥーアーティスト」と明記されていますし、
毎月税金もしっかり払っています。

私の場合、2003年からドイツのタトゥーアーティスト達とご縁が生まれました。
時間をかけて人間関係を築いていった流れから
2011年にドイツ移住につながりました。

私一人の力でビザの取得ができたのではなく、
ドイツ人同業者のサポートがあってビザ取得にこぎつけました。
どこかに雇われるのではなく、個人事業主「フリーランス」としての就労ビザです。

公的に認められた仕事ではあれど、タトゥーアーティストという職業は
(外国人がタトゥーアーティストとして働くという点において)特殊です。
このビザ取得の流れは、そうそう容易いものではなかったと記憶しています。


ドイツ国内で受け入れ先、仕事のチャンスを得たのであれば、
現地の方々の助力を受けながら、ビザ取得まで自力で切り開くことになります。

ビザ取得の詳細な流れ、方法を述べることはしませんが、
日本人タトゥーアーティストがドイツでビザを取得するためには、
ドイツ人同業者(国籍問わずどなたに対してもですが)とのご縁を大切にすること。
その方々に対して礼節を持って誠実に対応すること。
正直であること。
人としての信頼を受け入れ先の方々から得ること。

こういう世間一般的に当たり前といえることがとても大切だと思います。
# by alhaut | 2016-11-30 02:52
Tattoo Gallery88:うさぎ、きつねのタトゥー
家族を象徴したタトゥー。
母うさぎ、それから生い茂った草木に隠れる子うさぎと子ぎつね。
キノコと木の実。

b0087085_21364989.jpg


家族の象徴としてモチーフはお客さんにとって大切な家族と同じ数になっている。



上腕部の母うさぎは2013年に施術。
それから3年後の今年2016年、育児がひと段落についたのに合わせて
家族を追加。

タトゥーアーティスト側の私としては色を彫りたいところだけど
動物はブラックアンドグレイのみ。

この1週間は動植物モチーフ週間だった^^

明日からまたゲストワーク。

お気に入りの土地になったリンブルグ、
それからフランクフルトで少し仕事をさせてもらった後
いつもの南ドイツのゲストスポットへ。

今回はリンブルグ大聖堂を見学できたらいいな。
# by alhaut | 2016-11-29 21:38 | Tattoo(タトゥー作品)



大阪の女性彫師 椋妃(Ryoki)アメリカ村に構えるショップAl-Haut(アル・ハウト)を拠点に、日々の出来事を記します。
by alhaut
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
Tattoo(タトゥー作品)
In progress タトゥー途中経過
タトゥーを彫る人、日常
ドイツでの日々
Tattoo Journeyタトゥー旅
タトゥーを彫るまでの流れ
Tattoo convention
(Brazil)ブラジルタトゥー旅
Diary(日々の出来事)
Edu(ALMAH/)タトゥー
Events(イベント)
デッサン
Painting
お客様へお知らせ
旅の道中、車窓
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 04月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧