カテゴリ:Tattoo(タトゥー作品)( 482 )
方位磁石コンパスのタトゥー

ゲストワーク先での仕事。

方位磁石コンパスのワンポイントタトゥー。


この手のワンポイントタトゥー、スモールタトゥーは

最近はあまりやらないので、私にしたら珍しいタトゥー。


b0087085_18475634.jpg


というのは、ショップメンバーが音信不通になってしまい、

その人が放棄した予約をみんなで補わなくてはならなくなったという事情が発生。


私がゲストワークにやってくる前、スタジオの予約のやりくりが大混乱して

大変だったよう。


人にはいろいろ事情があるから、そのことについては

思うことあるけど、なんとも言えないし、責めることもできない。


しばらくは、こういうスモールタトゥーも対応することになりそう。

小さなワンポイントのタトゥーというのは

実は基礎力がとても求められるタトゥー。


常々、難しいと感じているので、この機会は勉強と経験に良いのだろうと思う。





by alhaut | 2017-08-19 18:49 | Tattoo(タトゥー作品)
祝100回目 Tattoo Gallery100:花魁姿の招き猫タトゥー
Tattoo Gallery シリーズがめでたく100回目に。
2012年ごろ、それまでのタトゥーと
ドイツで施術した新しいタトゥーを区別するために
新たな再スタートして番号をつけて掲載を続けたTattoo Gallery.

5年ほどかけて、100回目となった。
番号を振っていない、ブログに掲載していないタトゥーを追加すると
もっと多くの仕事をしているのだけど、なんにしても祝100回。

b0087085_03434455.jpg

予期せず、というのは何かタトゥーをアップしなくては、と思いついて
選んだのが、このタトゥーだった。
常連のお客さんのタトゥーが100回目になったのもなんだかうれしい限り。

また1に戻って再アップか、このまま101番に続きどこまで掲載できるのかを見ていくのか
少々検討中。

駆け出しのころを入れて1999年11月からタトゥー彫師として仕事を続けてきたのですが、
ここまで仕事を続けることができたこと、お客さん、陰ながら応援してくださった友人、知人
そして私の家族、すべての人に感謝しています。


一生を終えるまでタトゥーアーティストであり続けられるような

生き方をしていきたい。



ここからは、アメブロと同じ内容。

二の腕の内側に花魁姿をした招き猫。



二の腕の外側にはフルスリーブの鳳凰。

鳳凰はタッチアップを少しした後、完成。




椋妃(Ryoki)

※現在、日本ではなくドイツでタトゥーの仕事をしています。
================================================

ウェブ: http://ryokitattoo.com/
フェイスブック: https://www.facebook.com/ryokitattoo/
インスタグラム: https://www.instagram.com/ryoki_tattoo
================================================









by alhaut | 2017-08-17 04:23 | Tattoo(タトゥー作品)
ケルン到着

4時間の道中が8時間かかった昨日の移動。

とにかく無事到着。


b0087085_18061057.jpg

(中央のビルの向こうの二つの尖ったものがケルン大聖堂の尖塔)


シュトゥットガルトからケルンまでのICEも20分の遅延が発生。

そのうえ、何らかの理由で別ルート。

いつもならケルン大聖堂の側を走って中央駅入りなのだが、

遠回りしてケルン入り。


まったくもってツイていない一日だったけど

ネガティブに考えることなく、面白い一日だったといい風に解釈して

道中を楽しんでみた。


これからケルンでのゲストワーク。


今週も頑張ります。



by alhaut | 2017-07-24 18:06 | Tattoo(タトゥー作品)
打ち合わせでの出来事とバンドロゴタトゥー
ゲストワーク開始。
この日は、お客さんの紹介でやってきたという方への打ち合わせがあった。

施術は来月8月。
ということで、予約表を見ていたらお客さんの希望日と都合が合わない。
時間の融通が利きそうなお客さんの予約日が彼女の希望日だったので、
予約変更のお願いで電話をかけてみたら、電話番号がつながらなくなっていた。

電話番号が存在しないので、予約を無断キャンセルするのではないかという恐れが一瞬よぎるのだが、
この方は、この田舎のような小さな町に住むお客さん。

電話番号の変更を知らせていないだけで来るのは間違いない。
この場合は、予約を動かすことができないので、その日は無理だと伝えたら
お客さんとても悲しそうな、でも一瞬、
「電話番号を知らせてないなんて、このあほんだらっ!」
というような不快な表情をされた。

ショップメンバーが、どんなお客さんなのかと尋ねてくるので、
この近所に住む方で、先月、川辺を歩いていたら
たまたまベンチに座っているところをばったり再会。
そのまま、タトゥーのタッチアップの依頼を受け施術することになり、
ついでに8月に新しいタトゥーを彫ることになったと伝えると、
誰かわからない様子なので、さらにどんなタトゥーか聞いてきた。

タトゥーは、二の腕に「Motor Headのロゴ」、
そのひじ下にはMotor Headの「Ace of Spade」のスペードを彫っていると説明していたら

「あ、その人、知ってる。その人が私に教えてくれたのよ」

との意外な返答がお客さんからあった。
なら、話は早い。会社に帰るとそのお客さんと連絡が取れるということで、
予約の段取りはこのお客さんに任せることになり、
1時間後、無事に予約変更でスケジュール調整ができた。

もちろん、モーターヘッドのお客さんの電話番号も忘れずに確保した.

数か月前に施術したMotor Head タトゥー。
b0087085_19282902.jpg
道端でばったり遭遇。ベンチに座っていたお客さん。
(※タトゥーはまっすぐに見えないけど、ちゃんと体に対してまっすぐに彫ってあります)

Motor Headのタトゥーが、二つもあるMotor Headの大ファンのお客さん。
Motor Head だけでなく、メタル自体が大好きでフェスにもよく行くそうだ。
さらに来月は、OVERKILLのロゴを彫ることになっている。

見た目普通のオジサンなのだが、メタルファンをずっと継続している。
「メタル」と聞くと変わり者しか聴かない音楽という先入観が日本にはあるかもしれないが、
こちら、ドイツ、ヨーロッパになると、メタルというジャンルがロック、ポップスと同様に、
ジャンルの一つとして普通に受け入れられて存在している。

メタルだからこんなファッションにしなければならないという枠にはまることもなく、
バンドTシャツは老若男女問わず普段着として着用している。

メタルが、生活の中に取り入れられて自然に存在しているのが面白い。

タトゥーもそうだけど偏見がないというのは、
身を固く構える必要がないので、とても気楽である。

by alhaut | 2017-07-20 19:28 | Tattoo(タトゥー作品)
Tattoo gallery 99:懐中時計とバラのタトゥー

最後の施術が昨年の7月。

1年のブランクを置いてようやくの完成。


b0087085_17201459.jpg


懐中時計とバラの花の組み合わせは、タトゥーの人気モチーフの一つ。


ようやく完成してひとまず安心、嬉しい。








by alhaut | 2017-07-14 20:22 | Tattoo(タトゥー作品)
オールドスクール

先日、ベルリンのタトゥーサプライ(タトゥー用品店)は買い物にいき

道具の話をしていたところ、私と店員さんの基礎知識にずいぶんと差があり

店員さんから、私の知識は「オールドスクール」と言われてしまった。


b0087085_19085880.jpg


店員さんはバイト感覚なので、

知識の量が少ないのは当然なのだけど、

時代の大きな変化を感じてしまった。


今は、ロータリーマシーンが主流。

このショップのラインナップもロータリーマシーンとそれ用のカートリッジニードルが

大半を占め、コイルマシーンはごくわずかな品揃えだった。


最近では、コイルマシーンを使ったことがないタトゥーアーティストも多いので

この流れになるのは当然のことだ。


しかし、ディスプレイしているコイルマシーンのうち、ショップ店員さんが

シェイダーとライナーのマシーンの区別がつかず、困惑している姿や

コイルの種類を尋ねても答えられなかったのはびっくりしてしまった。



基本的に、マシーンはショップやオンラインで購入するのではなく

直接マシーンビルダーから購入するので、買うつもりはなかったのだけど

マシーンを見ていたら声をかけられてしまいマシーンの話をすることになった。

結局は、軽い会話しかできなかったけど、過去、マシーンの仕組みについて

教えていただいた方々との時間が浮かび上がってきた。

本当に貴重な時間だった。

自分に知識があるというのは本当に大事なことである。



2015年、ベルリンで行われたVictor Portugalさんのタトゥーセミナーに参加した。

そこで、ビクターが述べていたタトゥーの基礎知識、

インク、針、マシーンのことは、私が1999年以降、長い年月をかけて、

いろんな彫師、タトゥーアーティストから教えてもらった

知識の断片を総まとめにしたものだった。


それがひとところに凝縮され、短時間で解説されていたことに

私は深く感動してしまった。


同時に、自分が集めてきた情報に間違いがなかったことを再確認し、

そういう機会を与えてくれた方々との時間が、セミナーを通して一つずつ思い出された。



私が彫師を始めた当時と、

インターネットとオンラインショップが普及して、

彫る道具が簡単に手に入る現在を比較すると

情報収集と技術の獲得について、その昔は相当に難しかった。


私よりももっと前にはじめられた方は、もっと、もっと大変で

学ぶための敷居は非常に高かったに違いない。


そんな大変な時代を知っている点では、

オールドスクールの部類に入ってしまうのだろうけど、

2010年前後から大きく変化タトゥーシーンには新しい知識、道具もあり

知らなければならないこと、学ばなければならないこともたくさんある。

また、古い時代の話をもっと聞かなくてはならない。

私は、全然まだまだである。


最近は、なんらかのきっかけで、過去の出来事が感謝とともに思い出されることが多い。

たくさんの方々に感謝しなければならない。





by alhaut | 2017-07-13 22:00 | Tattoo(タトゥー作品)
Tattoo gallery 98:鬼のタトゥー

鬼のタトゥー、ジャパニーズスタイル。

b0087085_16274403.jpg


次回の施術は、お客さんがメタルフェスに出演する関係で9月以降に施術。

少し先だけど、二の腕への色入れが楽しみだ。


今月もケルンでの日々が始まった。

今回は、ショップのゲストアーティストの予定の都合で

今週働いたら、次はその1週間後。


来週は、南ドイツとスイスで私用とゲストワークという1週間を過ごして後

再びケルンに戻るというプラン。


一日、一日時間がたつのが本当に早い。



昨日21時30分、日没前のケルン大聖堂。

夕焼けに染まる大聖堂がとても美しかった。


b0087085_16301917.jpg


この大聖堂は、毎日見ても飽ない。

毎回、いつも、変わらず荘厳さに圧倒されながら、駅前を通り過ぎている。

こんな厳かな建物が日常の光景に自然とまぎれてくるのはすごいなと思う。




by alhaut | 2017-07-11 16:31 | Tattoo(タトゥー作品)
2017年上半期のタトゥー仕事

この半年間で完成したタトゥーの一部をアップ。

順番は6か月前のものをはじめにして順に掲載。


一番初めのタトゥーは男性のお客さんに彫った、日本美人のタトゥーで

それ以外のタトゥーは全て女性に施術したものであることに気が付いた。


完成すると、施術を通して頻繁にお会いする関係は終了になるので、

いつもすこしばかり寂しい気もちを感じる。

が、生まれたタトゥーとの新たな出発、幸運を願ってお仕事を終える。


同時に、新しいお客さんと新たなタトゥープロジェクトがいくつか始まっている。

半年後、どんなタトゥーをアップできるのかを目標に日々頑張ろう。


b0087085_19272783.jpg

b0087085_19280008.jpg

b0087085_19283422.jpg

b0087085_19284596.jpg

b0087085_19290227.jpg




基本の型を学び、その基本を元に応用する。

それが十分にできるようになってから、基本を離れ、創造する。


とある記事の中にあった文章に、はっとさせられることがあった。

私は基本はちゃんとできているのだろうか、という疑問が発生中。


基本的な事柄をちゃんと学ぶ、

ということをおざなりにしているうちは

そこで作られたものは、独りよがりなものにしかならない。


自分らしさやオリジナルなものを作りたいと思っても、

基本や基礎の知識がないと、到底生みだされることはない。


古くから言い伝えられたきたことで、どんな分野にもつながる事がらだと思う。

自戒の念を込めて、ここに記そうと思う。





by alhaut | 2017-07-03 21:52 | Tattoo(タトゥー作品)
Tattoo Gallery 97 柘榴と牡丹のタトゥー
柘榴と牡丹のタトゥー

b0087085_16353244.jpg

by alhaut | 2017-06-23 16:36 | Tattoo(タトゥー作品)
Tattoo Gallery 96 :柘榴と牡丹のタトゥー、牡丹の花部分
牡丹の花と柘榴のタトゥー、完成。
牡丹部分の写真をアップ。
b0087085_17525183.jpg

教会の18:00を知らせる鐘の音が一緒に録音されてしまった(^^;)
<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/3mkFxXp-Vy8" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>
by alhaut | 2017-06-22 18:40 | Tattoo(タトゥー作品)



大阪の女性彫師 椋妃(Ryoki)アメリカ村に構えるショップAl-Haut(アル・ハウト)を拠点に、日々の出来事を記します。
by alhaut
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
Tattoo(タトゥー作品)
In progress タトゥー途中経過
タトゥーを彫る人、日常
ドイツでの日々
Tattoo Journeyタトゥー旅
タトゥーを彫るまでの流れ
Tattoo convention
(Brazil)ブラジルタトゥー旅
Diary(日々の出来事)
Edu(ALMAH/)タトゥー
Events(イベント)
デッサン
Painting
お客様へお知らせ
旅の道中、車窓
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 04月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧