<   2009年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧
現在進行形のタトゥー18 
先日アップした、牡丹の精と鳳凰のデザインの
背景の牡丹の花の色入れに移りしました。

前回の記事 http://alhaut.exblog.jp/11653833/

二輪の白い牡丹が完成しました。

b0087085_11133914.jpg


牡丹の精が、花々の陰を縫って舞っているというイメージです。
b0087085_22242894.jpg



鳳凰、牡丹、天女(ここでは牡丹の精ですが)、綺麗なイメージですよね。
完成が楽しみです。


By 椋妃

Tattoo Art Works Al-Haut
http://www.al-haut.com/
by alhaut | 2009-08-16 11:16 | Tattoo(タトゥー作品)
タトゥー完成作品 鳳凰のタトゥー
先日ブログにアップした"鳳凰君"のタトゥーが完成しました。
b0087085_1354141.jpg


絢爛豪華というのが、鳳凰のイメージですが、
この鳳凰君は青を基調に、派手な印象にならないようにデザインしました。
b0087085_1384119.jpg


羽根の開き方と尻尾の動きをとても気に入っていただきました。


※コメントありがとうございました。また、後ほどお返事いたします。

By 椋妃

Tattoo Art Works Al-Haut
http://www.al-haut.com/
by alhaut | 2009-08-13 13:01 | Tattoo(タトゥー作品)
タトゥーギャラリー更新
タトゥーギャラリーに新しい作品をアップしました。
ぜひご訪問ください。b0087085_12485121.jpg



Tattoo ギャラリー
http://www.al-haut.com/portfolio/index.php?gg=natural

By 椋妃

Tattoo Art Works Al-Haut
http://www.al-haut.com/
by alhaut | 2009-08-13 12:51 | Tattoo(タトゥー作品)
タトゥー完成作品 お客さん持ち込みデザイン
タトゥー完成作品です。

お客さまが、中学生の頃に描いた絵画作品を元に
タトゥー用にデザインし直して施術しました。

b0087085_15211785.jpg


今。このお客さまは一児のお母さんになり、
このタトゥーは、お子さまへの愛情と
心のつながりを感じさせるものになりました。


ある日、お母さんの体にタトゥーを発見した
ちびっこさんは、何を思ったか、突然、
タトゥーをつまんで口に入れる素振りをしたそうです。

それから、描かれている絵に共感を覚えるのかして
何やら話しかけるのだそうです(^^;)


いろんなお客様から、お子さんのリアクションをお聞きするのですが
今までにない面白いリアクションでした。


By 椋妃

Tattoo Art Works Al-Haut
http://www.al-haut.com/
by alhaut | 2009-08-09 15:16 | Tattoo(タトゥー作品)
現在進行形のタトゥー17 マーガレットと青い鳥
現在施術中のマーガレットと青い鳥のタトゥーです。

b0087085_20375279.jpg


今年の1月に施術をし、途中ヨーロッパの旅で時間が空いてしまいましたが、
ようやく完成間近です。

足の側面のマーガレットは、足が綺麗に見るよう流れを意識して配置。
足の甲の小鳥も、背景のデザインと合わせてとても可愛い印象になりました。


細かな部分の微調整的な施術をして、完成。
完成は今月ですので、また今月中にこちらでご披露できたらと思います。

By 椋妃

Tattoo Art Works Al-Haut
http://www.al-haut.com/
by alhaut | 2009-08-07 20:40 | Tattoo(タトゥー作品)
現在進行形のタトゥー16 牡丹の精
現在施術中のタトゥーを掲載します。

テーマは"牡丹の精"。
b0087085_22242894.jpg


背中には、牡丹の花々に囲まれた一匹の鳳凰が描かれています。
その後、"天女"を彫りたいとの追加のご依頼がありました。

そこで、思いついたのが"牡丹の精"。
牡丹の花の妖精ですね。


天女となると、イメージ的に
仏教的な要素の強いデザインが連想されるので(と私は思うので。)
ここは、どこかファンタジー的な要素、また、
より一層女性らしい、たおやかさが醸し出されるような雰囲気にしたくて
テーマは"牡丹の精"としてデザインを起こしました。

牡丹の精がまとう羽衣は、浮遊感と飛んでる様が感じられたらと
思いいっきり舞い上がらせました。

もう、ぐるんぐるんです。
そんなことを思いながら描いていたのですが、
いや、直接肌への下描きの時は、ものすごくややこしかったです(^^)

しかし、おかげさまで、
イメージ通りのべっぴんさんな"牡丹の精"になりつつあります。

また完成しましたら、アップしたいと思います。

こちらに一部の写真を掲載しています。
http://alhaut.exblog.jp/11388359/
ちなみに、この過去のブログでは"天女"と言っておりますが、
ご依頼の当初から、この記事通りのご説明をお客様にしておりました。


By 椋妃

Tattoo Art Works Al-Haut
http://www.al-haut.com/
by alhaut | 2009-08-03 22:26 | Tattoo(タトゥー作品)
観葉植物パンドラの話
観葉植物パンドラの話
昨日のブログに続くようなブログです。

b0087085_21273855.jpg


これは、お店に飾っている観葉植物パンドラの写真です。
私の古くからのお客様からお店の5周年のお祝いにいただきました。

今年の3月、ヨーロッパへタトゥー旅にでてしまったら、
世話ができないので、、
花屋の知人に預かってもらうことにしました。→ ヨーロッパタトゥー旅はこちら 


写真の葉は、その時、預ける際に、ポキッと折れた葉です。

折れたものの、捨てるにはかわいそうだと、
出国日の朝まで花瓶に挿すことにしました。
でも、出発日当日…、
行ったあとでは、水替えができません。。。

帰国するころには、きっとドライフラワーだ!( ̄∀ ̄;)

と、水を抜いて空の状態にしたまま、出発しました。


ところが、2ヶ月半の旅から帰って見てみたら、
枯れることなく、生き生きしたグリーンのまま花瓶に挿されていました。

スマン!

と、もうびっくりで、
遭難者を発見した救助隊のような気持で慌てて水をやりました。


3月と変わらぬ姿が、まるで、

「おう、あんたが帰ってくるまで、スタジオの様子は見ていたからな( ̄ー+ ̄)ニヤリッ」

と言われているようでした。
帰国直後の疲労もぶっ飛びました。


それから、帰国後2か月がたち、
この子供のパンドラには、新しい根っこまで出てきました。
近く、花瓶から鉢に植え替えようと思っています。


後で知ったのですが、パンドラは相当に丈夫な植物なのだそうです。
耐陰性(日陰でも育つ)があり、
冬場は極力水をやらないほうが良い植物でした。
水のない時期が、植物にとって良い時期だったようです。
なんてラッキーなヤツなのでしょうか。


パンドラの箱と言えば、
さまざまな災いが飛び出し、最後に希望が残った
という伝説の箱ですが、その名を冠するこの植物は、
そんじょそこらの災難にはビクともしない、丈夫な植物なのかもしれません。

とはいえ、水がない期間というのは、極力やらないほうがいいにしても
ある意味、これにとっては災難だったのではなかろうかと思いますが(笑)


というわけで、この植物を送ってくださったRさまありがとうございました。

ようやくこちらのブログで、バンドラの行く末もお知らせすることができました。
この葉っぱのような粘り強さで、これからも頑張っていこうと思います。
大切に育てていきます。


By 椋妃

Tattoo Art Works Al-Haut
http://www.al-haut.com/
by alhaut | 2009-08-03 10:26 | Diary(日々の出来事)
9年目に突入。 コメントありがとうございます。
先日は、ブログにコメントをつけてくださった、お客様ありがとうございます。
おそらくコメント返信の欄では文字数に限りがあるでしょうから
改めてブログ記事とさせていただきました。

私にとって7月19日はお店の誕生日なのですが
とりわけ、誕生日!という意識はあまり持っていません。

が、その日になると、ふとした拍子に

『確か今日はお店の開店記念日だ』

という思いが浮かんできて、
2001年の開店準備前の慌ただしい日々、
意気込んで仕事をしていた毎日が脳裏をよぎります。

先日の日記も、
そんなふとした思いで書いた日記だったのですが
コメントをつけてくださりありがとうございましたm(_)m

おかげで、また、みなさまとの出会いの日々が
どんどん思い出されました(^-^)

2001年当時、このようなブログをつける日が来るとは夢にも思っておりません。

むしろ、彫師を始めたばかりの駆け出しの彫師でしたから、
これからもずっと彫師であり続けられるのか?

という、期待と不安まじりの気持ちでいっぱいだったように思います。

開店以前から含めると、このタトゥー彫師という仕事を始めて
今年で10年になります。

10年は長いですが、なんとか、かんとか
10年続けることができました。

今となってはもはや

『これからもずっと彫師であり続けられるのか?』

という疑問はありません。

それよりも

『これからも前進あるのみ』

という思いです。


継続は力なり、という有名な言葉がありますが
その言葉は真実だと思います。

振り返ると本当にたくさんの壁がありました。
あきらめることなく、なんとか乗り越えてくることができましたが、
その経験は、力となって自分の普段の仕事に反映されていると思います。

もちろん、私は、まだまだ未熟で、
これからも修行を続けていかなければなりません。

またこれからの5年後10年後に、もっとその言葉を実感できるように
良いタトゥーをたくさんのお客さんに彫っていきたいです。

というわけで、これからも応援よろしくお願いしますm(_)m

ロムっている椋妃のお客様も、
ご遠慮なくお気軽にコメントお書きくださいませ。




>> あげは さま

コメントありがとうございました。
初めてこちらに施術にお越しになってからもう5年なんですね。
時間の経過は早いです。
私もあっという間に8年になりました。

私のタトゥーによって、お客様が勇気をもったり、
自分自身をポジティブに持ち上げてもらえることは
私の切なる願いです。
これからも、そういう前向きなエネルギーのタトゥーを施術していきたいです。

同様に、次回の新しいタトゥーでも、あげはさまに
ポジティブなパワーを持ったタトゥーを施術できればと思います。

これからもよろしくお願いします。

>> みゆさま
コメントありがとうございます。
>えいやっと門をたたいてもうすぐ7年が立とうとしています。

あぁ、あの桜橋口の喫茶店、懐かしいですね(;^ω^A
あの日も確か8月でしたね。暑さで汗びっしょりなりながら
登場したのを覚えています(笑)

みゆさまのタトゥーの歴史は、そのままAl-Haut椋妃の歴史です。
私も感謝しても、し尽くすことはないほどに感謝でいっぱいです。
これからもよろしくお願いします。
目指せ完成ですね^^


>>フェニックスさま

コメントありがとうございました。
私は、あの当時にフェニックス様がBBSに書き込んだハンドル名が
未だに忘れられません(笑) でも、それは、ここでは内緒にしておいてくださいね。

タトゥーは、まず自分の中で何を彫りたいかある程度まとまってから
彫られるのがいいですよ。慌てることはなく。
イメージまとまるのを、お待ちしておりますね。

それから、タトゥーの経過のチェックはいつでもどうぞ。
8月末ごろお待ちしておりますので、ご都合がよろしければ
ご連絡お待ちしております。

…イベントはありませんが、引き続きスタジオでどんどん仕事に励みたいです。


>> padme さま
コメントありがとうございました。
その後のタトゥーの経過はいかがですか?
新しいもののご相談と併せて経過の方見せてくださいませ。

いつでもご連絡お待ちしております~。

>>かばらさま

コメントありがとうございました。
そうなんです8周年になりました。

が、私はかばらさんの本を10年も前から見ていたんですよ。
人のご縁って不思議ですね。

これからも、綺麗といわれるタトゥーを彫っていきたいのですが
へヴィメタルモチーフなタトゥーも彫ることができたらいいなと
思う今日この頃です(爆)


By 椋妃

Tattoo Art Works Al-Haut
http://www.al-haut.com/
by alhaut | 2009-08-02 19:10 | Diary(日々の出来事)
現在進行形のタトゥー15 青と紫の牡丹
現在施術のタトゥーの写真です。
次回、蝶に色を入れて完成となります。

b0087085_19212448.jpg

最近は牡丹のタトゥーの施術が続いています。
特に黒の濃淡での牡丹のタトゥーの依頼が多くあり
今回のようなカラーでの牡丹の施術は珍しいです。

が、黒一色の濃淡にはない、鮮やかな牡丹となっています。

こちらが今回施術分。
b0087085_1918555.jpg


一方、前回の施術から2週間ほど経過した青い牡丹。
b0087085_19205936.jpg


鮮やかな色彩のタトゥーは、女性の白い肌によく合います。



By 椋妃

Tattoo Art Works Al-Haut
http://www.al-haut.com/
by alhaut | 2009-08-02 19:00 | Tattoo(タトゥー作品)



ドイツで活動中の大阪出身の女性彫師椋妃(Ryoki)です。 2001年から2011年まで、大阪心斎橋のアメリカ村で タトゥーショップを経営していました。ドイツでのタトゥー仕事、日々の出来事を記します。
by alhaut
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
Tattoo(タトゥー作品)
In progress タトゥー途中経過
タトゥーを彫る人、日常
ドイツでの日々
Tattoo Journeyタトゥー旅
タトゥーを彫るまでの流れ
Tattoo convention
(Brazil)ブラジルタトゥー旅
Diary(日々の出来事)
Edu(ALMAH/)タトゥー
Events(イベント)
デッサン
Painting
お客様へお知らせ
旅の道中、車窓
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 04月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧