<   2010年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧
タトゥー旅第2部終了 スイス→ドイツ・ハンブルク
b0087085_19192965.jpg

今しがた、ハンブルクに到着しました。

旅の第2部、スイスの滞在は、1週間が1ヶ月にも感じるほど
充実した時間となりました。

ここまで、たくさんの宝物を手に入れたので
明日からはじまる第3部、旅の最終章ともいえる期間は
しっかりと経験を生かして過ごしたいと思います。

今日は、ハンブルクとルーベックで
お世話になる彫師さんにあいさつ回りです。

ハンブルクは私とドイツのご縁の始まりの場所なので
とても懐かしさがあります。

良いお天気なので、まったりと
行ってきます。

飛行機から撮った写真です。

b0087085_19184346.jpg

b0087085_1920149.jpg

スイス上空、アルプスが見えます。
b0087085_19204695.jpg

ハンブルク上空。

By 椋妃

Tattoo Art Works Al-Haut
http://www.al-haut.com/

Tattoo art works Al-Haut・携帯サイト
http://www.al-haut.com/h/
by alhaut | 2010-03-31 19:21 | Tattoo Journeyタトゥー旅
タトゥーギャラリー22:最近のタトゥー作品
施術したタトゥー写真の一部をアップします。


スモールスタッフ(小さいタトゥー)が、難しいと感じる今日この頃です。
ワンポイントタトゥーには、
タトゥーの技術の基本が詰まっています。
しっかり頑張らねばっ(`・ω・´)!!

b0087085_22532049.jpg
b0087085_22554092.jpg
b0087085_22562550.jpg


カバーアップ
b0087085_22583849.jpg
b0087085_2259776.jpg


フェニックスのタトゥー。
私のタトゥーツアーを追っかけてくださってます。
この旅での宿題タトゥーです。
b0087085_2313100.jpg
b0087085_2312868.jpg




By 椋妃

Tattoo Art Works Al-Haut
http://www.al-haut.com/

Tattoo art works Al-Haut・携帯サイト
http://www.al-haut.com/h/
by alhaut | 2010-03-30 23:01 | Tattoo(タトゥー作品)
マンハイムの写真
マンハイムの写真。
2月25日から3月17日まで滞在していました。

ウィークリーアパートメントが私の住まいでした。
スタジオと家の往復の3週間。
観光は皆無ですが、こんなところかと雰囲気だけ感じてもらえたら
と思います。

毎朝見ていたニュースの途中でやってた料理番組。
b0087085_83567.jpg


料理だけでなく番組セットも豪快。
ドイツ語でまったくわかりませんが、毎日見ていると
この番組の司会者(右)とコックさん(左)に自然と親しみが湧いてました。
b0087085_8381865.jpg

住んでたアパートメント。
2階の右端ブラインドが完全に下りているほうが住まいでした。

スタジオまでの道のり。
b0087085_8374084.jpg

道の真ん中をトラム(路面電車)が走ります。

b0087085_8385767.jpg
b0087085_8392286.jpg

b0087085_8395956.jpg

この道を左折するところにスタジオがあります。
毎日この景色を歩いていました。


By 椋妃

Tattoo Art Works Al-Haut
http://www.al-haut.com/

Tattoo art works Al-Haut・携帯サイト
http://www.al-haut.com/h/
by alhaut | 2010-03-30 08:44 | Tattoo Journeyタトゥー旅
フランクフルトタトゥーコンベンション3日目②
b0087085_717131.jpg
ようやくコンベンション3日目のエピソードです。
今日は3月29日だぞ!というのは
なしでお願いします(^^)

正月から1,2月を一気に突き進んだ感があるのに、
この3月はとても長く感じる1ヶ月です。
濃い時間の中をゆったりと進んでいます。



さて。

コンベンション中、たくさんの人との出会い、再会がありました。


b0087085_7135057.jpg

イタリア人彫師のエンリコ(右)と友人のジャコム

2日目の夜は、彼らと一緒に
フランクフルトの中心地へディナーへ。
とっても美味しいチュニジア料理を食べに行こう!という予定でしたが、
コンベンション会場に遅くまでいたので
残念ながら閉店時間。
(繁華街に着いたときは、すでに0時前でした^^;)

しょうがなく、ちかくのオーストラリア系スポーツバーで
オーストラリア料理を食べました。

ワニ肉タイ風カレーライス、
カンガルー肉のスパゲティ、
エミューのステーキなどなど、興味深いメニューが勢ぞろい。
ワニ肉に挑戦。味は、どこかで食べたことのある魚かお肉のような味でした。


ドイツ、フランクフルトで遠く離れた南半球のオーストラリア料理という
妙な組み合わせのディナーでした。

あぁ…チュニジア料理。。。



こちらは、ベルリン、フュアイマー。

b0087085_714474.jpg

03年、私の初めてのドイツ旅からのご縁です。
彫師2名、スタッフ2名、それから遊びに来たショップメンバーたちを
含む7名の大所帯でやってきました。

コンベンション初日は、一緒に会場へチェックイン。
私のブース準備もお手伝いしてもらい、私が
タクシーで(爆)抜け出した後もサポートしてもらいました。

この写真はホテルのロビーに貼られたお知らせ。
b0087085_7282427.jpg


コンベンション指定のホテルで大勢の彫師さんが宿泊しているので
深夜遅くまで、彫師専用メニューが用意されていました。

4月にまた、フュアイマーへ帰ります(^^)


そしてコンベンション3日目。

3日の始まりはこちらのブログをご覧ください。

フランクフルトタトゥーコンベンション3日目

この日もとても走り回る一日でした。


16時30分、帰り仕度。
その後、みんなのブースへあいさつ回り。
コンベンション会場は3日目も遅くまで開いているので
私以外の人はみんな忙しそうだったので、
簡単に挨拶をすませ、会場を出ました。


b0087085_7523319.jpg

私のブースのお向かいだった、インドネシア・バリから参加していた
彫師さんのお仲間が、荷物を運ぶのを手伝ってくれて
会場前からタクシー乗車。

少々初日の出来事がトラウマになっていたのですが
今回のタクシードライバーの兄貴はとても親切な人でした。



そこで事件発生。

空港到着後、
カメラをコンベンション会場に置き忘れたことに
気付きました。

空港到着は18時過ぎ。
帰りのバスは18時30分。間に合わないので、
事情を説明して予約をキャンセル。

その後、会場の友人に電話をしたのですが、
タトゥー施術中で電話に出ない。

マンハイムのマークスに連絡して助けを求めようかと
思うものの、初日の出来事があるので
これ以上迷惑かけるわけにはいかないと、
連絡せずに、ひとまず同じタクシー会場へ
舞い戻ることに。

その直後、電話。


「リョウキ、カメラを忘れているとコンベンション会場から
電話がかかってきたぞ。
預かっている人の連絡先を教えるから電話して。」

と電話の主はマークスでした。

??

なぜ、彼に連絡が入ったのか、理解できなかったのですが
とりあえずカメラの無事を確認。

会場到着後、教えてもらった電話番号に電話してみると
相手は、ブースお向かいのインドネシア人彫師さんでした。

帰る直前にみんなで記念撮影(上の写真)をしたのですが
そのまま、カメラを置いて、私は出て行ってしまったのでした。

それで、持参していたPCで私のサイトを調べて
インフォメーションを元に、マークスに連絡を取った
という流れになりました。

インターネットの便利さを改めて認識。

とてもラッキーなめぐり合わせでした。

というのは、ショップは常時留守電設定で、メッセージに対して
連絡を取り直す方針なので、本来なら電話にはでません。

その上、この日は日曜日だったので
ショップに電話をかけても誰も出ないはずです。

彼らはカメラ郵送の旨を留守電に残すつもりでした。

ところが、この日は、たまたまの休日営業。
日曜日なのにショップの電話がなったので、
緊急事態かもという、なんとなくの直感で
電話に出てみたということでした。


再び会場に戻り、カメラを確保。
改めて、バリのみんなにお礼とサヨナラの挨拶。
それから、他のみんなのブースにひょっこり現れると
みんな目を丸くして、私の事情に爆笑。

さっきは挨拶できなかった人もいたので
今度はみんなとしっかりハグしてお別れしてきました。

そしてマンハイムへ。
次のバスは22時30分。さすがに待てず、
電車で戻る気力もなかったので、タクシーで帰りました。
所要時間45分(^^)

ショップに戻ると、なんだかほっとした気持ちになりました。

b0087085_752585.jpg

ショップオーナーのマークス。
コンベンションの始まりから終わりまで
マークスの助けを借りることになってしまいました。

その後、近くのレストランでディナー。


b0087085_7534181.jpg
この日のディナー、ドイツ風とんかつ、シュニッツェル。
わらじのようなとんかつが2枚もプレートに乗ってます。
モリモリ食べてエネルギー補給をしました。


今回のコンベンションは、本当に忙しい3日間でした。
私にとって2度目のコンベンションなのですが、
初回に比べて、多少ブース運営はスムーズに行ったかなという印象です。
忘れ物さえなかったら、もっとスムーズだったと思いますが
この経験は、今後のコンベンションで生かしたいです。



By 椋妃

Tattoo Art Works Al-Haut
http://www.al-haut.com/

Tattoo art works Al-Haut・携帯サイト
http://www.al-haut.com/h/
by alhaut | 2010-03-27 16:21 | Tattoo Journeyタトゥー旅
タトゥーギャラリー21:最近のタトゥー作品
最近のタトゥー作品の一部をアップします。
シンプルブログですみません。。。

b0087085_248542.jpg

蝶のタトゥー
b0087085_2492773.jpg

チェリーブロッサム(桜)のタトゥー
b0087085_250143.jpg

椿のタトゥー


By 椋妃

Tattoo Art Works Al-Haut
http://www.al-haut.com/

Tattoo art works Al-Haut・携帯サイト
http://www.al-haut.com/h/
by alhaut | 2010-03-27 02:52 | Tattoo(タトゥー作品)
ドイツタトゥー旅 第一部終了
3月24日、シュトゥッツガルド・チェッカーデーモンタトゥーでの1週間を
終えました。

b0087085_17382663.jpg

マンハイムのスマイリンデーモンタトゥーとここまでの
滞在期間が私にとっての一区切りです。

スマイリンデーモンタトゥーでの3週間
その後、マークスのお師匠さんであるルーク・アトキンソンさんの
スタジオに1週間の滞在したことで、タトゥーの勉強、理解を
さらに深めることができたと思います。

タトゥーの道は本当に奥が深い。
何事もそうだと思いますが…

改めて、より良いタトゥーを彫れるようにいっそう頑張らなくちゃ!
と感じています。


学んだことは、帰国後、
タトゥーで成果を出していきたいです。

残りの旅の期間も頑張ります。

スタジオでの写真をアップします。
同じ時期、北京から中国人彫師さんも滞在中でした。
b0087085_17363766.jpg

b0087085_17521156.jpg



昨日25日にスイス、チューリヒへ入りました。
今は、ザビーネと一緒に行動しています。


By 椋妃

Tattoo Art Works Al-Haut
http://www.al-haut.com/

Tattoo art works Al-Haut・携帯サイト
http://www.al-haut.com/h/
by alhaut | 2010-03-26 17:42 | Tattoo Journeyタトゥー旅
フランクフルトコンベンション初日

こんにちは。
しばらく時間が空いてしまいました。

ここシュトゥッツガルドでも、勉強の日々です。
しばらくタトゥーに集中する日々が続きそうで
ブログに登場しづらくなりそうですが、
なんとか、引き続きどこかの時間で登場したいと思います。

ひとまず、コンベンションの初日です。
たくさん書く時間がないので、簡単エピソードでいきます。

・3月4日
スタジオに、フランクフルトコンベンションに参加する
イタリア人彫師さんが遊びにマンハイムへ。
飲んだくれディナーとなりました。

・3月4日深夜 
コンベンション出発準備の途中、作品集のアルバムと
スポットライトをスタジオに忘れていることが発覚。

フランクフルトまでの空港シャトルバス乗り場までのタクシーを
ショップオーナーのマークスに手配してもらう予定だったので、
朝早めに連絡してスタジオを開けてもらおうと決めて就寝。

・3月5日朝

出発時刻の7時過ぎ。マークスに連絡を取るものの
電話に出ない。前日の深酒が効いて気付かない(T_T)

バスの時刻があるので、仕方なし!と
あきらめて、ご近所のホテルに走りこみ
タクシーを呼んでもらう。

・コンベンション会場

作品集は手持ちのポケットアルバムで間に合わせて
スポットライトも量販店で手配すりゃいいや
と、何とかなるだろうの考えでブース準備に。
しかし、なんともならならず。スポットライトはなんとかなりそうだけど
作品集がどうしても自分的に納得がいかないので
取りに戻ることに。

フランクフルトからマンハイムまではタクシーで45分程度。
鉄道で移動する手間と、時間のロスを考えて
会場前からタクシー乗車。

ところが、この運転手が、ファッキンな親父で
道を知らない。
不慣れなドイツのハイウェイで徘徊じみた爆走を約2時間。
何とか到着。
知らないハイウェイの2時間は不安というよりも
恐怖に近いものがありました(^_^;)

・マンハイム

交渉料金と、乗車時間の大きな違いが問題でトラブル発生。
道路で、大叫びする親父に耐えかねて、
「Help me!!!!」とショップに駆け混む私。

マークスに手助けしてもらって、無事解決。

おやじは、ドイツ人ではなくロシア人だったそうです。
どうりで、道を熟知してないわけだ。。。


・再びフランクフルトへ

帰りは無事1時間(途中渋滞があったので)で帰ることができました。

・初日のタトゥー

初日は、招き猫のタトゥー。
タクシーのおやじのおかげ時間をずらしての開始。

一般的な招き猫と、私が描いたオリジナルの招き猫のデザインを
二つ用意、一般的なデザインに決定していました。

ところが、現場でいきなり私の描いたほうがいい
という話になり、デザインの再準備に(T_T)

タトゥー開始。アウトラインを追えて、一部の色いれ。
約1時間半後。。。

「痛いからもういいです」
とギブアップ( ;゚д゚)

あと30分あれば色も入れて完成できたのにぃ…
中途半端な状態で終わるわけにはいかないので
ブラックアンドグレイで見栄えがつくようにして、終了。

がっかり残念この上ないので、写真はアップしません。

なんだ!この一日はヽ(´Д`;≡;´Д`)丿

と、叫びたくなるようなドタバタした事件ばかりの一日でした。

その後は、ベルリンの彫師チームと一緒に
滞在先ホテルでディナー。

まったり穏やかモードなディナーで
ようやくよい時間の流れに入ったのかな
と感じました。

ところが、最後の3日目も、バタバタして締めくくることになる
オチが待っているのですが、そんなこと露知らず
コンベンションに期待感を募らせて
一日を締めくくっていました(^^;)

。。。という、コンベンション初日でした。


フランクフルトからマンハイムまで鉄道で30分。
タクシーをぶっ飛ばして45分前後。

この距離を移動しようと考えるなんて
クレイジーだと、友人には笑われましたが、
狭い国土の日本に住む日本人らしい感覚なのかなと
思ったりです。

でも、2度目はこんなことはいりません(^^;)



またどこかで続きをレポしたいと思います


By 椋妃

Tattoo Art Works Al-Haut
http://www.al-haut.com/

Tattoo art works Al-Haut・携帯サイト
http://www.al-haut.com/h/


By 椋妃

Tattoo Art Works Al-Haut
http://www.al-haut.com/

Tattoo art works Al-Haut・携帯サイト
http://www.al-haut.com/h/
by alhaut | 2010-03-22 16:40 | Tattoo Journeyタトゥー旅
タトゥー旅:今後の移動先、予定
こんにちは。
ドイツ、マンハイム滞在も残り2日となりました。
今日は日曜日なので、移動に向けての荷造りの準備をしています。

2月25日にドイツに着いてから今日まで、タトゥーだけの毎日です。
それのみに集中できる時間を持つことができて、本当に幸せです。

4月17日の帰国まで、自分を高めてしっかりと勉強してこようと思っています。

さて、今後の予定です。

3月17日-3月24日 Checker Demon Tattoo (シュトゥッツガルド)

3月25日-3月31日 Sabine Gaffronさん(スイス・チューリヒ)訪問

4月1日-4月2日   Endless Pain Tattoo (ハンブルク)

4月3日-5日      Hamburg Tattoo convention

4月6日-4月7日   Altstadt Tattoo (ルーベック)

4月8日-4月14日  Fur Immer Tattoo (ベルリン)

4月16日-4月17日 帰国


という予定で行動します。
旅の前半戦は、マンハイムで3週間じっくりとタトゥーの勉強に取り組みましたが
17日からは、各地を転々と旅回ることになります。


3月17日からは、マンハイムからシュトゥッツガルドにある
Checker Demon Tattooに1週間滞在します。

ルーク・アトキンソンさんというタトゥーシーンに古くから関わる
重鎮と表現すべき彫師さんのスタジオで1週間勉強することになりました。

その後、シュトゥッツガルドから鉄道で3時間ほどかけて
スイス・チューリヒへ向かいます。

ここでは、お友達であり、タトゥーの先輩でもある女性彫師ザビーネ・ガフロンさんと
1週間過ごします。


その後、飛行機でハンブルクに戻り、ハンブルクタトゥーコンベンションの主催者である
ハンブルクのタトゥースタジオ、Endless Painに二日滞在します。

コンベンションの後は、ハンブルクから鉄道で30分のところにあるルーベックへ行き
カルロス(Carlos Hierro-nin)さんという彫師さんのスタジオ
Altstadt Tattooに二日滞在します。 

カルロスは、漫画家から彫師に転向した彫師さんで
コミックスタイルで知られる彫師さんです。
今まで短時間の見学だったのが、今回は2日間の滞在となりました。
カルロスの仕事はとても興味深いので、とても楽しみにしています。


カルロスのスタジオの後は、最後のゲストスポット
ベルリンのFur Immerに移動します。

ここは、長年からのお付き合いで、先日のコンベンションでも一緒でした。
楽しい仲間とワイワイ1週間過ごせそうな気配です。


その後1日フランクフルトでゆっくりして、16日の飛行機で
帰国の途に着きます。

旅はまだ1ヶ月あります。
前半戦から中盤戦に入っていくところです。

一期一会の気持ちで、毎日を大切に生きて生きたいと思います。


By 椋妃

Tattoo Art Works Al-Haut
http://www.al-haut.com/

Tattoo art works Al-Haut・携帯サイト
http://www.al-haut.com/h/
by alhaut | 2010-03-14 18:16 | Tattoo Journeyタトゥー旅
ドイツでのタトゥー作品②
コンベンション3日目、昨日のブログの続きです。
上部の羽根は、こんな感じで色が入りました。

b0087085_1641237.jpg

現在、ショップは、フランクフルトタトゥーコンベンションに
参加していたシンガポールのアーティストさん3名も滞在中。
とてもにぎやかな中で、タトゥーな日々を送っています。


☆コメントくださったお客様
たくさんのコメントありがとうございます。
コメントお返ししたいのですが、
ブログをアップするのでやっと。。。という状態です。
どこかで、ゆっくりできる時間が(きっと)取れると思うので
その時ご返信したいと思います。

☆ブログご訪問くださった皆さま
ご訪問ありがとうございます。
今、私、タトゥーアーティストの椋妃は、
ゲストワークでドイツのタトゥースタジオめぐりをしています。
このブログでは、写真と私の下手なレポをシンプルにアップしています。
楽しんでいただけましたら、幸いです。

タトゥーのご予約に関しては、4月ごろお知らせいたします。m(_)m



By 椋妃

Tattoo Art Works Al-Haut
http://www.al-haut.com/

Tattoo art works Al-Haut・携帯サイト
http://www.al-haut.com/h/
by alhaut | 2010-03-11 16:09 | Tattoo(タトゥー作品)
フランクフルトタトゥーコンベンション3日目
こんにちは。
ドイツに来てから、電化製品関係が故障、不調の日々が続きます。
ネットに接続するためにドイツ携帯用のソフトをインストールしたのですが
どうもそのソフトと私のノートパソコンは相性が悪いようです。
PCのフリーズする回数が、徐々に増えています。。。(--;)
何とか、帰国までのあと1ヶ月、ぎりぎり乗り切ってもらいたいものです。。。
今回の旅は、本当に良く物が壊れます(´Д`)

さて、
コンベンション3日目は、昨日のブログでアップしたタトゥーを彫りました。
b0087085_15563934.jpg

昨日は正常にアップできているのか、確認しないままPCを閉じたので、
アップできていたよかった。
b0087085_1613755.jpg
年数のたった古いタトゥーをカバーして、フェニックスと女性の天使のイメージで
タトゥーをデザインしました。
b0087085_15555178.jpg



コンベンションでは、カバーアップ部分のフェニックスを先に完成。
昨日は、丈夫の羽根に色を入れました。





By 椋妃

Tattoo Art Works Al-Haut
http://www.al-haut.com/

Tattoo art works Al-Haut・携帯サイト
http://www.al-haut.com/h/
by alhaut | 2010-03-11 15:58 | Tattoo Journeyタトゥー旅



大阪の女性彫師 椋妃(Ryoki)アメリカ村に構えるショップAl-Haut(アル・ハウト)を拠点に、日々の出来事を記します。
by alhaut
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
Tattoo(タトゥー作品)
In progress タトゥー途中経過
タトゥーを彫る人、日常
ドイツでの日々
Tattoo Journeyタトゥー旅
タトゥーを彫るまでの流れ
Tattoo convention
(Brazil)ブラジルタトゥー旅
Diary(日々の出来事)
Edu(ALMAH/)タトゥー
Events(イベント)
デッサン
Painting
お客様へお知らせ
旅の道中、車窓
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 04月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧