<   2012年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧
Tattoo Gallery11: 牡丹の花のタトゥー Al-Haut Tattoo
女性の腰に、牡丹の花を施術しました。
赤系の牡丹三種です。

b0087085_15131483.jpg

(携帯からの撮影で画像クオリティが悪いです)

すでに蝶を彫られている方で、
蝶に合う花を彫れる彫師さんを探していました。

私の花のタトゥーを気に入ってくれて、今回施術することになりました。

色の希望をいただきました。

蝶とバランスが取れるように、牡丹を配置。

花のイメージは、日本にいた時は、毎年に訪れていた
奈良、長谷寺の大輪の牡丹を思い出してデザインしました。

今回の施術で完成。
次は、また花をモチーフにした何かで、リクエストがあるようで
それは将来のお楽しみです。


このタトゥーを完成させたので、夏休みのリゾートで
水着姿になるのが楽しみだということです。





ご訪問ありがとうございます。
今日も良い一日となりますように。


by 椋妃
Tattoo Art Works Al-Haut
http://www.al-haut.com/
by alhaut | 2012-05-30 15:20 | Tattoo(タトゥー作品)
タトゥーについて考える Al-Haut Tattoo
大阪市のタトゥー問題。

大阪市のタトゥーをした職員が、
それを市民に見せて脅したなどの事実が掘り出され、
それを追い風に橋下市長はさらに調査を継続。

大阪市の教職員が調査を拒んでいますが、
それは駄目だと市長は強行。
大阪市民もかなりの割合で市長を支持しているとの報道。


タトゥーを消すように職員に指示したりを
市長は考えているとの報道があります。


このタトゥーの問題に関して
メディアの報道に非常に偏ったものを感じます。

良いか悪いかで二分する議論が幅を利かせることに
何とも言えない、危機感のようなものを感じます。



人を外見で判断してはいけない。

という言葉はいったいどこへ行ってしまったのでしょうか?

タトゥーを彫ることと、その人の人格、内面は別物であるはずなのに
この議論に関しては、

タトゥー=反社会的

になっている点にとても違和感を覚えます。



職務に残りたければ、タトゥーを消去することを求めるらしいです。

人権がどうとか、そういうことを言いたくありませんが、
消去まで要求するというのは、
その人の人権や人格を無視した、無理強いで、虐待行為だと思います。

レーザー消去、タトゥー以上の苦痛と高額な出費です。
そのあたり、考慮しているのでしょうか。

報道で聞こえてくる内容、とてもやりきれない思いです。



うまく言葉にできないのですが、
このようにごり押しで否定、一方的な価値観を押しつける流れが
ほかの分野での、言論、思想、表現の自由を奪う流れにつながらないことを願っています。


                ☆  ☆  ☆


このニュースを聞いて、すぐに頭に浮かんだ事は、

社会の中で影響力のある人に、反社会的だと 叫ばれたら、
タトゥーを彫った一般市民のお客さんはたまったものじゃない。

ということでした。



私は、タトゥーを彫ることを生業としている人間なので
彫ったお客さんのためにも、何か、言葉を発したいと思いました。



日本には、過去から悩ましい歴史があって
現在問題になっていることは、そこに根付いた問題だと思います。

しかし、タトゥーカルチャーとして、日本に入ってきた90年代以降
過去の悩ましい価値観とは違う価値観が生まれているのは相違ありません。


タトゥーをアート、ファッションとして、デザインの内容、彫りのスタイルに関係なく
個人の趣味、嗜好として楽しんでいる人のほうが断然多いと思います。


過去の価値観に縛られて、
威嚇の道具に使ったりと勘違いしている、残念なケースがあるのも事実ですが
これは、タトゥーに責任があるのでなくて、
その人の人格、考え方、モラルの問題です。


職員のケースも、その職員の人格、考え方に問題があったのが原因で
タトゥーは利用されたに過ぎないです。


そういう行動に走らせる原因は、タトゥーではなく、
そういう価値観から脱却できない社会に問題があるのかもしれません。



そういう点では、
タトゥーを彫った皆さんは、誤解されないように
自分のタトゥーを守るためにも、タトゥーを彫っていない人々以上に
自分の言動に、責任と良識を持つ必要があると思います。

逆風に負けず、乗り切ってください。


           ☆  ☆  ☆


私は、今、ドイツのタトゥー屋さんで仕事をしています。

私の就労ビザには、

『彫師としての労働を認める』

と明記されています。

職業として、彫師、タトゥーアーティストは、認められた職業であり
タトゥービジネスがドイツ社会の中で、しっかり定着しています。



日々いろんなお客さまを相手に仕事をしていますが、
皆さん一般人です。

時々は、ドイツ軍の方、警察官の方が制服のまま、
仕事あがりに、タトゥーの相談に来たりします。


警察や軍の場合、
タトゥーを彫っていい範囲は、

『見えない場所』という規定が設けられているようで、

肘から下は彫ることができないそうです。


軍や警察というのは、統率が必要な組織ですから
風紀を乱さないという点は、
ひとつのラインが必要なのだと思います。



お役所に行きますと、窓口担当の人が
普通にタトゥー彫られています。

肘から下にワンポイントタトゥー。
腰のタトゥーがヒップハンガーのパンツから見えたり。


お役所業務は、軍隊のように厳格な統率、統制がなくても
十分業務を遂行できるので、自由度が高いのだろうと思います。


タトゥーを見せられた方も、
特別驚くこともなければ、見せるほうも意識して見せていません。

彫ることが、重大事項になっていないのですね。


これは、日本ではなくドイツのケースですから
外国の事情を持ち込むことはできないのでしょうが、
日本で仕事をして、それからドイツで仕事をして
比較しても、日本のお客様とドイツのお客様、
どちらも同じ一般人が普通に彫りに来ているんですよね。

アートやファッションとして、純粋にタトゥーを楽しみたい。

そういう価値観が生まれつつあるのを真っ向から否定する流れは、
人々の価値観の多様性を否定する流れにつながるようにも感じます。


彫る行為と、その人間の質、善悪は、別個のものです。
関連付けることに、無理があり、おかしいと感じます。


タトゥーが、善悪の天秤にかけられて判断されるのではなくて、

世間で”気にならない”代物になる日が来るのがいいのだろう

と思います。


そんな未来は、私が生きている間は無理かもしれませんが…



とにかく、タトゥーを彫る仕事をしている私は、
この仕事に自信と誇りを持って続けていきたいです。

タトゥーは、個人が自由に楽しむアートであり、ファッションだということ。

まったく普通の一般人が、社会生活を健全に営む中で
普通に楽しんでいるものだということを、仕事を通して見せていきたいと
思っています。



タトゥーを彫った皆さまも、
自分のお気持ちを大切に、彫られたタトゥーを守っていってほしいと思います。


今日のブログは長くなりましたが、読んでくださってありがとうございました。





ご訪問ありがとうございます。
今日も良い一日となりますように。


by 椋妃
Tattoo Art Works Al-Haut
http://www.al-haut.com/
by alhaut | 2012-05-28 05:38 | タトゥーを彫る人、日常
現在進行形のタトゥー24:美人画タトゥー Al-Haut
着物を着た女性のタトゥーを施術中。
b0087085_23254249.jpg



着物を着た和風女性のイメージの中に、
女性の”美”に対する思い、憧れを
こめているのかな?

そんなことを考えながらデザインをしました。

この日は、彼女のお母様が同行。
見学は、あまりなさらなかったけど、
施術後の仕上がりを見て、

「綺麗ねぇ」

と感心していました^^


完成までもう少しです。




ご訪問ありがとうございます。
今日も良い一日となりますように。


by 椋妃
Tattoo Art Works Al-Haut
http://www.al-haut.com/
by alhaut | 2012-05-27 23:25 | In progress タトゥー途中経過
タトゥーが大好きなみなさまへ  Al-Haut Tattoo
”タトゥー”についてニュースになった日、
ブログのアクセスが異常に伸びていました。

”大阪”での問題について、
タトゥーに興味がある人もそうでない人も、
タトゥーを生業としている人間がどんな発言をするのか
興味があったのかもしれません。


いろんなことを思いました。
今起きていることは、政治的な意図がずいぶん含まれているのだろうと思いますが

なんとも、おかしなことが起きているな

と感じています。

ブログという公の場で私が、まずシンプルに言いたいこと。


反社会的な意志を持ってタトゥーを彫っている人間は
私のお客さまにはひとりもいません。

そのほかの場でもそうだと思います。

大半の日本人が、ここドイツやそのほか欧米の国のように
健全に社会生活を営む中で、個人の趣味として彫っています。


タトゥーというものはファッション、個人の趣味嗜好の問題であり
反社会的なものであるという認識自体が古臭く、クレイジーなものである
というのが国際的な感覚ではないでしょうか。


タトゥーを彫った方は、彫ったことに自信と誇りを持って
今までもそうであったように、これからもタトゥーが好きであってほしいと思います。

タトゥーが彫りたいという気持ち、
タトゥーを彫る自由は、なにものにも無理強いして否定されるものではありません。



私はタトゥーが大好きです。

タトゥーを彫ることを仕事にしています。
自分の仕事を誇りに思っています。




そういう気持ちがわきあがったので、ブログにします。


ご訪問ありがとうございます。
今日も良い一日となりますように。



         これは予約投稿です。ブログアップされた頃は
         タトゥーのお仕事せっせとしてる頃でしょう


      
         ∧_∧ 
          ry´・ω・`ヽっ
          `!      i
           ゝc_c_,.ノ 
              (                
              )       
          .∧∧.(         
         (´・ω・∩
         o   ,ノ
         O_ .ノ
           .(ノ
          ━━



by 椋妃
Tattoo Art Works Al-Haut
http://www.al-haut.com/
by alhaut | 2012-05-24 00:30 | Tattoo(タトゥー作品)
Tattoo Gallery10:リアリスティックスタータトゥー Al-Haut Tattoo
石版にリアルな星型が押された雰囲気の
リアリスティックな感じの星を施術しました。

b0087085_7183697.jpg



星の中にはドイツ語で、自由、家族、愛、友情、寛大
という意味が書かれてあります。

この単語をちゃんと覚えるように、
と、なぜかお客さまに宿題を出されてしまいました(^^;)

次回、仕上がりを見せに来られた時に、単語テストです。


彫った直後と、治癒後では印象がかなり変わりますので
一ヵ月後の色合いのチェックの日がとても楽しみです。




ご訪問ありがとうございます。
今日も良い一日となりますように。


by 椋妃
Tattoo Art Works Al-Haut
http://www.al-haut.com/
by alhaut | 2012-05-23 07:24 | Tattoo(タトゥー作品)
Tattoo Gallery9:天秤のタトゥー Al-Haut Tattoo
写真のみアップ。
天秤のタトゥー。


b0087085_154125.jpg

女性の背中に天秤モチーフのタトゥーを彫りました。

お母様の星座の天秤と、ご自身の星座の山羊座のサインを
はめ込んだ天秤です。






ご訪問ありがとうございます。
今日も良い一日となりますように。


by 椋妃
Tattoo Art Works Al-Haut
http://www.al-haut.com/
by alhaut | 2012-05-19 15:41 | Tattoo(タトゥー作品)
タトゥーのデザイン資料探し Al-Haut Tattoo
タトゥーの打ち合わせ用にネタ探しをしています。

テーマは、旧約聖書に登場する『モーセ』、『天使』、
可能であればゴルゴダの丘で十字架に磔になったキリスト
というものです。

このあたり、物語をよく理解して、お客さんに会うデザインを提案したいです。


ドイツに来て、キリスト教をテーマにしたタトゥーの
依頼を良く受けます。

そのうち、多いのは、やはり、イエス・キリストの顔を彫るというものです。


日本でも、十字架、聖母マリア、キリストを彫りたいという依頼はありましたが、
日本人の彫りたい意識とは違う精神があります。


こちらの人々は、
あきらかに、キリスト教、イエス・キリストに深い親近感を持っています。


ドイツは、やはりキリスト教の国なのだな、と感じます。


宗教心の度合いは人それぞれですが、彼らの根源、日常生活、文化には
キリスト教の精神が根付いているようです。


ドイツ人、それ以外の欧米の文化を理解するためには
キリスト教、聖書を理解することは、大切なことのように感じます。



モーセの話については、実は、お客さまもあまり理解がなかったり
という状況でした(^^;)


私も、海を割った人で、人を助けたくらいの事しか知りません。


お客様は、日本人だから知らないだろうくらいで、漠然と依頼してきたのですが、
でも、その程度でも知っていただけ、お客さまとしては、嬉しかったようです。


なぜ、このお客さまが、”モーセ”をテーマにしたいのか
その辺を考えながらネタ探しです。


最後に、友人から教えたもらった聖書の一説。

”愛”という部分を”私”に置き換えて読むと、とても心に入りやすいものになります。


新約聖書・コリント人への手紙の一部です。

愛は寛容であり、愛は情け深い。また、ねたむことをしない。
愛は高ぶらない、誇らない、不作法をしない、自分の利益を
求めない、いらだたない、恨みをいだかない。
不義を喜ばないで真理を喜ぶ。そして、総てを忍び、総てを信じ、
総てを望み、総てを耐える。愛はいつまでも絶えることがない。


とても有名な言葉なので興味のある方は全文ネット検索してみてください。

追記5/14 日本時間4:46

コリント人への第一の手紙 13章 すべての掲載します。


たといわたしが、人々の言葉や御使(みつかい)たちの言葉を語っても、
もし愛がなければ、わたしは、やかましい鐘や騒がしい鐃鉢(にょうはち)と同じである。


たといまた、わたしに預言をする力があり、あらゆる奥義とあらゆる知識とに通じていても、
また、山を移すほどの強い信仰があっても、もし愛がなければ、わたしは無に等しい。


たといまた、わたしが自分の全財産を人に施しても、
また、自分のからだを焼かれるために渡しても、もし愛がなければ、いっさいは無益である。


愛は寛容であり、愛は情深い。また、ねたむことをしない。愛は高ぶらない、誇らない、

不作法をしない。自分の利益を求めない、いらだたない、恨みをいだかない。


不義を喜ばないで真理を喜ぶ。


そして、すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてを耐える。


愛はいつまでも絶えることがない。しかし、預言はすたれ、異言はやみ、知識はすたれるであろう。


なぜなら、わたしたちの知るところは一部分であり、預言するところも一部分にすぎない。


全きものが来る時には、部分的なものはすたれる。


わたしたちが幼な子であった時には、
幼な子らしく語り、幼な子らしく感じ、また、幼な子らしく考えていた。
しかし、おとなとなった今は、幼な子らしいことを捨ててしまった。


わたしたちは、今は、鏡に映して見るようにおぼろげに見ている。
しかしその時には、顔と顔とを合わせて、見るであろう。
わたしの知るところは、今は一部分にすぎない。
しかしその時には、わたしが完全に知られているように、完全に知るであろう。


このように、いつまでも存続するものは、信仰と希望と愛と、この三つである。
このうちで最も大いなるものは、愛である。




ご訪問ありがとうございます。
今日も良い一日となりますように。


by 椋妃
Tattoo Art Works Al-Haut
http://www.al-haut.com/
by alhaut | 2012-05-15 02:48 | ドイツでの日々
タトゥー彫師で語学学校生 
来月より、ドイツ語学校に通うことになりました。

ドイツ、就労ビザ等、長期滞在ビザを取得した者の義務として
ドイツ語をある一定レベルまで修得する決まりがあります。

ドイツ入国半年がたち、
ドイツの生活やタトゥーショップに慣れだしたころですが、
ここで新たに学校の時間が入り、またまた、新生活を始める感じです。


学校の時間は、月曜日から金曜日、朝9時から13時まで。
その後、14時から夜まで仕事というスケジュールが
当面続きます。


この年で、学生ですか…
彫師と学生の二束のわらじをはく日々は
ハードスケジュールが予想されますが
ドイツ語話せるようにしっかりお勉強しますよヽ(・∀・ )ノ





ご訪問ありがとうございます。
今日も良い一日となりますように。


by 椋妃
Tattoo Art Works Al-Haut
http://www.al-haut.com/
by alhaut | 2012-05-12 17:09 | ドイツでの日々
現在進行形のタトゥー23 バロック調オーナメントタトゥー Al-Haut Tattoo
背中にバロック調の文様タトゥーをスタートさせました。

写真は、下絵段階のものです。

b0087085_16501948.jpg



タトゥーは”痛み”があるので、彫師側の予想に反して、
長く彫れないということがありますが、
このタトゥーもそんなところです。

ラインは始まりのごく一部のみ彫りました。

すべてのラインを彫り終えた時に、またアップしたいと思います。



ご訪問ありがとうございます。
今日も良い一日となりますように。


by 椋妃
Tattoo Art Works Al-Haut
http://www.al-haut.com/
by alhaut | 2012-05-12 16:50 | In progress タトゥー途中経過
現在進行形のタトゥー22:天秤のタトゥー Al-Haut Tattoo
こんにちは。
竜巻の発生や、悪い気象のニュースを聞きました。
該当する地域にお住まいの方は十分お気をつけください。


タトゥーの途中経過です。


b0087085_16292383.jpg



やぎ座の女性に、お母様の星座の天秤、お母様とご自身のサインの
天秤座とやぎ座のマークを施術しました。


お客様の今後の予定の関係で次回の施術は4日後の土曜日。
ちょっとハードですが、良いお仕事をしたいと思っています。


ご訪問ありがとうございます。
今日も良い一日となりますように。


by 椋妃
Tattoo Art Works Al-Haut
http://www.al-haut.com/
by alhaut | 2012-05-10 16:29 | In progress タトゥー途中経過



ドイツで活動中の大阪出身の女性彫師椋妃(Ryoki)です。 2001年から2011年まで、大阪心斎橋のアメリカ村で タトゥーショップを経営していました。ドイツでのタトゥー仕事、日々の出来事を記します。
by alhaut
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
Tattoo(タトゥー作品)
In progress タトゥー途中経過
タトゥーを彫る人、日常
ドイツでの日々
Tattoo Journeyタトゥー旅
タトゥーを彫るまでの流れ
Tattoo convention
(Brazil)ブラジルタトゥー旅
Diary(日々の出来事)
Edu(ALMAH/)タトゥー
Events(イベント)
デッサン
Painting
お客様へお知らせ
旅の道中、車窓
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 04月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧