<   2016年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧
ガレットをいただく
ゲストワーク、コンベンションの旅が終わり、
自宅のあるベルリンで小休止。

今日はお天気。
春の気配を帯びた日差しを受けながらカフェでのんびりお昼をいただいた。
b0087085_041379.jpg


ガレットとコーヒー。


フランス人の可愛らしいマダムが経営する小さなカフェ。
手作りケーキとクレープのお店。


このお店での私のお気に入りは、ガレット。
フランス北西部、ブルターニュ地方の郷土料理。
そば粉で作ったクレープのような料理だ。
そば粉なんて日本人それから東アジアの国々の料理だとばかり思っていたけど
フランスでも食べるのだと初めて知った。


薄く伸ばして丸く焼いた後、生ハム、チーズ、卵、肉類、魚介類、野菜などなど
いろんなものを片面に盛り付けて正方形に折りたたんだ料理である。

私の注文したものは、ベジタリアンガレット。


ズッキーニ、トマト、卵にチーズという組み合わせ。



カリカリに焼けた香ばしい生地は、日本食のそば粉のイメージからずいぶん離れ
新しい食感がとても新鮮だった。

ご近所のカフェ。
ベルリンの雑踏の中にあるカフェだけど
ここだけなぜか、フランスっぽいおしゃれ感が漂う可愛いカフェ。

ドイツのベルリンなのに、ここではドイツ語の「ありがとう」、
「ダンケ」が「メルシー」に変わってしまうのだ(^^)

なんとなく、「幸せ」を感じたひと時。
by alhaut | 2016-03-18 00:04
タトゥーコンベンション 終了
タトゥーコンベンション、無事に終了。

コンベンションの映像です。



アットホームで賑やかなタトゥーコンベンションの雰囲気が映像から伝わればと思います。


少しだけ、私も少し映っています(^^)

来年の参加を楽しみに仕事を頑張ります。




by 椋妃


◎お知らせ◎


現在椋妃はドイツベルリンで仕事をしています。
椋妃の帰国時にタトゥーの施術にご興味をお持ちの方は
帰国時期確定時にお知らせいたしますので、
予約フォームから一度お問い合わせください。

予約フォーム
http://al-haut.com/appointments/

よろしくお願いいたします。


Tattoo Art Works Al-Haut
http://al-haut.com/

椋妃 FBページ

https://www.facebook.com/pages/Al-Haut-RyokiTattoo-studio-in-Osaka-Japan/131588156870070


椋妃 Instagram
https://instagram.com/ryoki_tattoo/
by alhaut | 2016-03-16 20:26 | Tattoo convention
鳳凰のタトゥー タトゥーコンベンション1日目
タトゥーコンベンション、INK EXPLOSION。
ホスピタリティにあふれるとても暖かいアットホームなコンベンションである。

大規模なコンベンションではなく、170人規模の小さなコンベンションだけど
とても居心地良く過ごさせてもらっている。


b0087085_1721444.jpg



ここのコンベンションは毎回何かのコンセプトがあり、
そのメインテーマに沿ってコンベンションが運営されている。

今年のテーマは海。
ということで、骸骨の船員さんが会場をウロウロ。

運営者さんたちは皆さんマリンルック。
主催者さんは船長という出で立ち(^^)

b0087085_1722990.jpg


それと同時に、タトゥーアーティストたちによる
タトゥー施術のブース運営が並行して流れているという
タトゥーと主催者側のコンセプトという二つのテーマが明確になったコンベンションだ。


b0087085_1732344.jpg

写真を撮ったら、くぐもった声で普通に「ダンケ」と言われてしまった(^^;)

b0087085_1725054.jpg


お顔は存じないけど、おそらく毎年私に写真を撮られているのだろうと思う。


会場のすぐ隣のホテルはコンベンション指定ホテル。
タトゥーアーティストたちの寝床。
彫って、寝るという理想的なロケーションにあるのだけど
今年は、さらにコンベンションとタイアップして、
コンベンション用のスペシャル軽食として、サンドウィッチやハンバーガーなどが
提供されることになった。

ここの料理はとても美味しいので来場者にも嬉しい出店である(^^)


私のブースは、参加者のケータリングエリアの入り口そば。

b0087085_1734191.jpg


タトゥーアーティストが必ず出入りする場所なので、
今回は多くの同業者仲間さんから声をかけてもらい、
懐かしい再会がたびたび起こっている。


仕事が始まるとブースまでなかなか会いにいけないので、
とてもありがたい場所に席を置いてもらえ、本当によかった。


初日のタトゥー。


鳳凰と菊の花。
b0087085_174598.jpg


2回のセッションで完成予定。
次回は2週間後、ケルンでのゲストワークで完成させる予定だ。




by 椋妃


◎お知らせ◎


現在椋妃はドイツベルリンで仕事をしています。
椋妃の帰国時にタトゥーの施術にご興味をお持ちの方は
帰国時期確定時にお知らせいたしますので、
予約フォームから一度お問い合わせください。

予約フォーム
http://al-haut.com/appointments/

よろしくお願いいたします。


Tattoo Art Works Al-Haut
http://al-haut.com/

椋妃 FBページ

https://www.facebook.com/pages/Al-Haut-RyokiTattoo-studio-in-Osaka-Japan/131588156870070


椋妃 Instagram
https://instagram.com/ryoki_tattoo/
by alhaut | 2016-03-12 17:04 | Tattoo Journeyタトゥー旅
タトゥーコンベンション初日
ドイツ、メンヒェングラードバッハ(Mönchengladbach)で開催している
タトゥーコンベンションに参加中。
b0087085_22303698.jpg


お客さんがブース用のポスターを制作してくださり、
ブース設営まで手伝ってくださった。

b0087085_22304934.jpg


鳳凰の絵はポスターになった。
b0087085_2231986.jpg


今回のコンベンションは鳳凰のデザインばかりを彫るので
ポスターにするべく鳳凰を描いてみた。


ブースはいい感じである。

コンベンション初日、頑張ってきます!
by alhaut | 2016-03-11 22:31 | Tattoo(タトゥー作品)
絵画制作 鳳凰と牡丹
今制作中の絵。
もう少しで完成。
b0087085_1844645.jpg



絵は初心者。絵画の知識のなさを強く認識しながらの絵画制作。
知識を増やすべく調べながら作業をしている。

すでに、いろいろと改良したい点が見えているのだけど
先ずはこの絵を完成させて、次の絵に取り掛かりたいと思っている。

どんなクオリティでも最後まであきらめずに終わらせるのは大切なのだ。


by 椋妃


◎お知らせ◎


現在椋妃はドイツベルリンで仕事をしています。
椋妃の帰国時にタトゥーの施術にご興味をお持ちの方は
帰国時期確定時にお知らせいたしますので、
予約フォームから一度お問い合わせください。

予約フォーム
http://al-haut.com/appointments/

よろしくお願いいたします。


Tattoo Art Works Al-Haut
http://al-haut.com/

椋妃 FBページ

https://www.facebook.com/pages/Al-Haut-RyokiTattoo-studio-in-Osaka-Japan/131588156870070


椋妃 Instagram
https://instagram.com/ryoki_tattoo/
by alhaut | 2016-03-08 18:44 | Painting
Tattoo Gallery78 :百合のタトゥー、ギリシャのお菓子
女性の二の腕にワンポイントタトゥーの百合の花。
b0087085_21403462.jpg


所要時間は3時間半。


今は南ドイツのいつものゲストスポットに滞在中。
ここは、村のような小さな街で名前を言っても知らない人が多い。
そんなリトルタウンのタトゥースタジオに毎月ゲストワークに来ている。

こちらに来て気付いたのは南ドイツ方面は
ギリシャ系の移民も多いのかもしれないということ。

人口を調べたわけではないので、感覚で言っているのだが
この小さな街にはギリシャ系の移民が多く、ギリシャレストランも何軒かあり
ベルリンのトルコ、中東系の移民に慣れている私としてはとても新鮮に感じた。


最近、ずっと気になっていたギリシャ料理のレストランに行ってみて
味付けがとてもおいしかったのですっかりハマってしまい、
あっという間にそのお店の常連になってしまった。


初めて食べたギリシャのお菓子の話。


私は一度にたくさん食べることができないので持ち帰り注文をしていて、
待っている間、いつもコーヒーを出してくれる。

今回はコーヒーと一緒にデザートが出てきた。

b0087085_2141628.jpg

店主がギリシャに帰省した時に買ってきたらしい。

b0087085_21414517.jpg


ギリシャのお菓子、ルクミ。Wikiにはロクムと表記されていた。

トルコのお菓子でもあるそうだけど、お菓子の由来を調べてみると
英語名ではTurkish Delightと呼ばれるものがGreek Delightと説明されていたりと、
ギリシャとトルコの対立という政治的な背景も見えてきて
どちらも自国由来のお菓子だと主張しているのがちょっと興味深かった。


このルクミ、砂糖、デンプン、ローズウォーターやレモン(時にはリキュール)、
シナモンなどのスパイス、それから、ピスタチオ、アーモンドといった
ナッツ類を練りこんだお菓子で、日本の和菓子に似た食感だった。

ブラックコーヒーによく合う甘さだった。

b0087085_21421519.jpg


ギリシャ料理は、肉魚を使った料理がメイン。

毎日食べていると体重増加が心配なのだけど、
ゲストスポットでの楽しみが一つ増えてしまった(^^)







by 椋妃


◎お知らせ◎


現在椋妃はドイツベルリンで仕事をしています。
椋妃の帰国時にタトゥーの施術にご興味をお持ちの方は
帰国時期確定時にお知らせいたしますので、
予約フォームから一度お問い合わせください。

予約フォーム
http://al-haut.com/appointments/

よろしくお願いいたします。


Tattoo Art Works Al-Haut
http://al-haut.com/

椋妃 FBページ

https://www.facebook.com/pages/Al-Haut-RyokiTattoo-studio-in-Osaka-Japan/131588156870070


椋妃 Instagram
https://instagram.com/ryoki_tattoo/
by alhaut | 2016-03-07 21:52
Tattoo Gallery77:狼のタトゥー、日常の光景
ブルーの瞳の狼。

b0087085_1736590.jpg


初めてのタトゥーは、ワンポイントの狼のタトゥー。


狼の表情はアグレッシブな怖い顔ではなく、
穏やかなものが良いとのことで、
そういう表情の狼の写真をもとにタトゥーを彫ることになった。

完成所要時間は4時間。


施術の途中、犬の散歩がてらご両親が様子を見にタトゥースタジオにやってきた。

肌に転写された狼のステンシル(下絵)を見て

「お、いい感じじゃないか!」

などと娘さんと会話された後、「では、よろしく」と私に手を振って
スタジオを出て行かれた。

実はお父さんの方も、このスタジオでタトゥーを昔に彫られていて
お父さんが娘さんを紹介したのだった。


両親が若いころにタトゥーを彫り、
その子供たちがタトゥーを彫れる年齢に達したら、
両親が信頼を置くタトゥースタジオに連れてくる。


ドイツ、欧米では、こういうことは普通の親子のコミュニケーションのひとつとして
成立しているようだ。


ちゃんとしたスタジオ、彫師を選ばないと後悔するということを
親の方はよく理解されているので、その辺の助言を聞きながら
子供の方は自由にタトゥースタジオを選択している。

また、親がタトゥーに反対、さほど興味がないという場合でも、
子供は隠すことなく、これは自分の選択だからと意志を伝え、
親の方もその意思を尊重している。

タトゥーというのは日常生活に溶け込み、
個人の趣味、嗜好、ライフスタイルのひとつになっている。

大げさなものではなくなり、また、反社会的なイメージというものが
社会の中でほとんどなくなっていると言ってよいと思う。


さまざまな価値観を偏見なく平等、公平に見ることができる社会は
ストレスが少なくて良いと思う。




by 椋妃


◎お知らせ◎


現在椋妃はドイツベルリンで仕事をしています。
椋妃の帰国時にタトゥーの施術にご興味をお持ちの方は
帰国時期確定時にお知らせいたしますので、
予約フォームから一度お問い合わせください。

予約フォーム
http://al-haut.com/appointments/

よろしくお願いいたします。


Tattoo Art Works Al-Haut
http://al-haut.com/

椋妃 FBページ

https://www.facebook.com/pages/Al-Haut-RyokiTattoo-studio-in-Osaka-Japan/131588156870070


椋妃 Instagram
https://instagram.com/ryoki_tattoo/
by alhaut | 2016-03-06 17:36 | Tattoo(タトゥー作品)



ドイツで活動中の大阪出身の女性彫師椋妃(Ryoki)です。 2001年から2011年まで、大阪心斎橋のアメリカ村で タトゥーショップを経営していました。ドイツでのタトゥー仕事、日々の出来事を記します。
by alhaut
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
Tattoo(タトゥー作品)
In progress タトゥー途中経過
タトゥーを彫る人、日常
ドイツでの日々
Tattoo Journeyタトゥー旅
タトゥーを彫るまでの流れ
Tattoo convention
(Brazil)ブラジルタトゥー旅
Diary(日々の出来事)
Edu(ALMAH/)タトゥー
Events(イベント)
デッサン
Painting
お客様へお知らせ
旅の道中、車窓
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 04月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧