<   2017年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧
帰還

自宅へ到着。

ケルンのゲストスポットの道中は、行きも帰りも散々だった。

昨日は、DB(ドイチュバーン、ドイツ鉄道)にホテルを手配してもらい

ケルンでさらに一泊し、朝の鉄道でベルリンに移動したのだけど、

その鉄道も遅延で何度も停車を繰り返しての道のりだった。


旅を繰り返していると、交通機関の管理の悪さには本当に驚かされてしまう。

時間厳守で定刻どおりに運行される日本の交通機関を懐かしく思う。

文化、国民性、考え方の違いを感じ、カルチャーショックを受けるけど

ずいぶんと慣れてきたぞ。

(過去に遭遇した私の交通機関トラブルをブログにするのも面白そうだと思ったり)



しかし、今回はくたびれてしまった。。。

が、停車中の車窓から青々した麦畑を見ていい気分になったの、

これも良しとしている。


b0087085_21353419.jpg


夏のドイツは、青々した畑が一面に広がる景色をいろんなところで見ることができる。


今日は7月30日。

そういえば、今は夏真っ盛りという時期なのだと思わされた。


夏であることを忘れるほどに、こちらドイツの気候は雨が多く涼しい日々だった。


今回は長めの休日が続くので、自宅でしかできないことをしっかりとやって

休日を大切に過ごそうと思っている。






by alhaut | 2017-07-30 21:35
ドイチュバーン鉄道キャンセルで…
ゲストワークを終え、ケルンからベルリン戻り…
のはずか、まさかの鉄道キャンセル。
最終列車なので今日はもうあとがない。

この状況に慣れてないと、一人で大混乱しそうになるが、慣れたもんで冷静に対処中。

まさか、行きも帰りも鉄道トラブルに遭遇とは。
こんな時もあるもんですね。
(日本じゃ絶対ありえませんが)

心の中では、
「このあほんだらー」
と思いましたが、まぁなんとかなります。


by alhaut | 2017-07-30 03:18
現在進行形のタトゥー189:唐獅子のタトゥー、牡丹の花のタトゥー

鳳凰と牡丹の花のタトゥー。

牡丹の花の部分。


b0087085_19512273.jpg


古いタトゥーが跡形もなく見えなくなった。

徐々に完成に近づいている。


こちらは、唐獅子、セッション1回目。




デザインの打ち合わせなく、予約当日にすぐタトゥー開始。

二つデザインを準備して、お客さんに選んでいただきタトゥー開始。

こういう流れは私にとって苦手な流れだったのだけど、

全面的にデザインお任せというお客さんの場合は、とてもスムーズにいくもののようだ。



ゲストワーク終了まであと一息。



by alhaut | 2017-07-28 21:24 | In progress タトゥー途中経過
現在進行形のタトゥー188:てんびん座の美女のタトゥー

てんびん座をモチーフにした女性のタトゥー。


b0087085_15503110.jpg


お客さんの持ち込みデザインとともに

「てんびん座」であることを非常にこだわったタトゥー。

デザインは持ち込みデザインのコピーではなく、私の絵でデザインさせてもらった。


てんびん座の星座の形に、てんびん座のサイン、そしててんびん座という名前。


「それはくどくないですか?」

というものの、絶対に譲れないということ。

てんびん座で巳年というのがわかるタトゥー。


この他にも、お客さんにしかわからない意味がたくさん盛り込まれている。


次回は色入れ開始。





by alhaut | 2017-07-25 15:50 | In progress タトゥー途中経過
ケルン到着

4時間の道中が8時間かかった昨日の移動。

とにかく無事到着。


b0087085_18061057.jpg

(中央のビルの向こうの二つの尖ったものがケルン大聖堂の尖塔)


シュトゥットガルトからケルンまでのICEも20分の遅延が発生。

そのうえ、何らかの理由で別ルート。

いつもならケルン大聖堂の側を走って中央駅入りなのだが、

遠回りしてケルン入り。


まったくもってツイていない一日だったけど

ネガティブに考えることなく、面白い一日だったといい風に解釈して

道中を楽しんでみた。


これからケルンでのゲストワーク。


今週も頑張ります。



by alhaut | 2017-07-24 18:06 | Tattoo(タトゥー作品)
ドイチュバーン鉄道遅延中
今日はケルンへの移動日、日曜日13時15分。
10:45の列車に乗りシュトゥットガルトを目指した。

列車に乗ってすぐに、車掌さんから英語での説明を頼まれた方(後ほど同行することになる)から、鉄道トラブルで大幅な遅延が発生と教えられた。


どこかの無人駅で降ろされ、
代替バスに乗り換え次の駅…だったのだか、
バスは一台しか来ず、
乗り切れない乗客は待ち時間不明で待ちぼうけ。

40分後にようやく来たバスに乗り込み、
次の知らない町の駅へ。

バス運転手

「次のバスは2分後に来ますから、慌てずに乗ってくださいー」

乗客

「信じらるかっ!」

全員が即座に反応。


b0087085_20561188.jpg



二時間たった今、
Nürtingen (ニュルティンゲン)という小さな駅で、次の列車一時間待ち。


b0087085_20561109.jpg



この面倒な道中に巻き込まれている他の乗客さんたちと一緒に向かっている。

メソポタミア研究が得意分野の博物館員さん。
嫁いだ家族に会いに来たオーストラリア人老夫婦。
バンド活動でドイツ国内ツアー中のバンドマン。
日本人タトゥーアーティストの私。

こういうラインナップで、ここまでの道中ジョークを飛ばしながら、ワイワイ話をしてシュトゥットガルトまで向かっている。

駅に到着したら、博物館員さんの誘導で遅延証明をもらいに、駅オフィスに行くという流れになっている。


今日一日のプランが台無しで最悪な遅延ではあるが、
知らない者同士が話をしながら目的地に向かうというのは、旅の楽しみのひとつだ。

ま、まさか、こんな地元のローカル線で起きるとは思わなかったけど。

ということで、リアルタイムレポート。


by alhaut | 2017-07-23 20:53
現在進行形のタトゥー187:ゲイシャガールのタトゥー

ゲイシャガール、残り1セッションで完成。


b0087085_17105532.jpg


私はベルリン在住なのだが、

1か月のうち25日ほどは他都市のゲストワークに出向いているため

ベルリンにはほとんど住んでいない。


そのため、ベルリンではタトゥーの仕事はごく限られたお客さんのみの予約対応で

残りの時間は休息にあてている。


ゲストワークをメインにして活動をはじめ、そちらが忙しくなると

ベルリンでの施術希望者も増えてくるというのは、なんとも残念で申し訳がない。


他都市でも大丈夫という方は、ぜひ、私のゲストスポットまでお問い合わせください。







by alhaut | 2017-07-23 17:50
現在進行形のタトゥー186:龍とサムライのタトゥー

フルスリーブでサムライと龍のタトゥーを施術中。

b0087085_18521100.jpg


上腕部に虎のトライバルタトゥーがあり、それは残したいということで

抜けた色を修正しながら作業中。


今回は龍の顔、腕の内側の龍の胴体部分、背景の施術をしたのだが

本日の仕事の内側を忘れて写真編集したことに、ブログ編集中の今気が付いた…

(また後程写真を差し替えアップします)


時間がたつのがとても早い、もう明日、ケルンに行かなくてはならない。



by alhaut | 2017-07-22 18:56 | In progress タトゥー途中経過
打ち合わせでの出来事とバンドロゴタトゥー
ゲストワーク開始。
この日は、お客さんの紹介でやってきたという方への打ち合わせがあった。

施術は来月8月。
ということで、予約表を見ていたらお客さんの希望日と都合が合わない。
時間の融通が利きそうなお客さんの予約日が彼女の希望日だったので、
予約変更のお願いで電話をかけてみたら、電話番号がつながらなくなっていた。

電話番号が存在しないので、予約を無断キャンセルするのではないかという恐れが一瞬よぎるのだが、
この方は、この田舎のような小さな町に住むお客さん。

電話番号の変更を知らせていないだけで来るのは間違いない。
この場合は、予約を動かすことができないので、その日は無理だと伝えたら
お客さんとても悲しそうな、でも一瞬、
「電話番号を知らせてないなんて、このあほんだらっ!」
というような不快な表情をされた。

ショップメンバーが、どんなお客さんなのかと尋ねてくるので、
この近所に住む方で、先月、川辺を歩いていたら
たまたまベンチに座っているところをばったり再会。
そのまま、タトゥーのタッチアップの依頼を受け施術することになり、
ついでに8月に新しいタトゥーを彫ることになったと伝えると、
誰かわからない様子なので、さらにどんなタトゥーか聞いてきた。

タトゥーは、二の腕に「Motor Headのロゴ」、
そのひじ下にはMotor Headの「Ace of Spade」のスペードを彫っていると説明していたら

「あ、その人、知ってる。その人が私に教えてくれたのよ」

との意外な返答がお客さんからあった。
なら、話は早い。会社に帰るとそのお客さんと連絡が取れるということで、
予約の段取りはこのお客さんに任せることになり、
1時間後、無事に予約変更でスケジュール調整ができた。

もちろん、モーターヘッドのお客さんの電話番号も忘れずに確保した.

数か月前に施術したMotor Head タトゥー。
b0087085_19282902.jpg
道端でばったり遭遇。ベンチに座っていたお客さん。
(※タトゥーはまっすぐに見えないけど、ちゃんと体に対してまっすぐに彫ってあります)

Motor Headのタトゥーが、二つもあるMotor Headの大ファンのお客さん。
Motor Head だけでなく、メタル自体が大好きでフェスにもよく行くそうだ。
さらに来月は、OVERKILLのロゴを彫ることになっている。

見た目普通のオジサンなのだが、メタルファンをずっと継続している。
「メタル」と聞くと変わり者しか聴かない音楽という先入観が日本にはあるかもしれないが、
こちら、ドイツ、ヨーロッパになると、メタルというジャンルがロック、ポップスと同様に、
ジャンルの一つとして普通に受け入れられて存在している。

メタルだからこんなファッションにしなければならないという枠にはまることもなく、
バンドTシャツは老若男女問わず普段着として着用している。

メタルが、生活の中に取り入れられて自然に存在しているのが面白い。

タトゥーもそうだけど偏見がないというのは、
身を固く構える必要がないので、とても気楽である。

by alhaut | 2017-07-20 19:28 | Tattoo(タトゥー作品)
身をもって知る
小旅行から帰還。
今回の旅行の目的は、未完成のタトゥーの完成。

といっても、お客さんのタトゥーではなく私自身のである。

自分に彫ってもらうのは、勉強のための特別な時間。

駆け出しの頃、憧れだった女性タトゥーアーティストさんと2004年に思いがけなく出会い、その後タトゥーの施術だけでなく、同業者としても先輩後輩、友人として交流が続いている人。

この三日間、タトゥーの事ばかり話をしていた。

2009年に開始したタトゥーが、
8年かけてようやく完成。

施術を受けること。
針の感覚を感じるのは、
タトゥーアーティストとしてすごく大切なこと。

私がお客さんにタトゥーを彫るということは
どういうことかを改めて考えさせられる時間だった。


タトゥーを彫ること、というのは
やっぱり、「覚悟」と「気合い」がいる。
彫る方も彫られる方も、行為に対する自覚と責任が必要で、それがあって双方への敬意が生まれ
良いタトゥーを作ることができるのである。

この三日間は、タトゥーアーティストとしてのあり方を考える大切な時間になった。

これを糧を次の目標に向かっていきたい。




by alhaut | 2017-07-19 04:59



大阪の女性彫師 椋妃(Ryoki)アメリカ村に構えるショップAl-Haut(アル・ハウト)を拠点に、日々の出来事を記します。
by alhaut
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
Tattoo(タトゥー作品)
In progress タトゥー途中経過
タトゥーを彫る人、日常
ドイツでの日々
Tattoo Journeyタトゥー旅
タトゥーを彫るまでの流れ
Tattoo convention
(Brazil)ブラジルタトゥー旅
Diary(日々の出来事)
Edu(ALMAH/)タトゥー
Events(イベント)
デッサン
Painting
お客様へお知らせ
旅の道中、車窓
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 04月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧