<   2017年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧
現在進行形のタトゥー192:ドラゴンとサムライマスクのタトゥー

私にとって、今年のタトゥーの完成ラッシュが過ぎたようだ。

残り4か月で、新しくたくさんのタトゥーを完成させられるように

頑張っていこう。


現在施術中のタトゥー。

上腕部にサムライマスク(兜とめんぼう)のタトゥ。

肘から下に龍。背景にサクラというタトゥー。


b0087085_05182074.jpg


次回は上腕部に着手。

一つ一つのタトゥーを丁寧に彫っていこう。


椋妃(Ryoki)

・タトゥーをお断りする場合
http://alhaut.exblog.jp/27062079/

※現在、日本ではなくドイツでタトゥーの仕事をしています。
================================================

ウェブ: http://ryokitattoo.com/
フェイスブック: https://www.facebook.com/ryokitattoo/
インスタグラム: https://www.instagram.com/ryoki_tattoo
================================================


by alhaut | 2017-08-29 05:18 | In progress タトゥー途中経過
乾燥機、その後は天井塗装…

8月26日、ケルンからベルリンの道中は、またもや鉄道が遅延し、

混乱とドタバタで疲れ果てた鉄道移動。

無事に自宅到着。


自宅のバスルームは、階上の住人による水漏れで

天井が湿りきっているので乾燥機を回したまま家を空けていた。

かなり気がかりな10日間のゲストワークだった。


b0087085_18174447.jpg


玄関前に立つと、乾燥機のブーンという運転音が聞こえてきて

正常に運転している様子。

あぁ、無事でよかった。


旅の間、心配だったのでいろんな人から話を聞いていた。


同様のトラブルに遭い、乾燥機を回し続けた経験のある友人からは、

乾燥機の長期運転は安全で問題がないこと、

ただ、当時は、室内が熱くなりすぎて住めないからホテルで過ごしたことを教えられた。

(そういう点では不在の私はラッキーだったのかも)


また別の友人からは、その後の電気代の請求や支払い手配の流れで

経験したことを教えてもらった。


私が契約している電力会社に、今回した使用した電力を報告して

支払い請求を管理会社に回してもらうように文書を作成しなければならないらしい。

正直、ひとつ余分の仕事が増えるので少々がっかり。


b0087085_18181144.jpg


無事に、今日、乾燥機君を引き取りに来た。

天井は十分、カラカラに乾いていた。

乾燥機君、お疲れ様でした。





天井のシミは残念だけどこれで一安心かなと思っていたら、

後日、天井を塗りに来るのでその連絡を待つようにとのこと。


これが大問題で、いつ、塗装するための時間を作ることができるのかわからない。

塗装するために、バスルームを空ける準備をしないといけないし、

ペンキの乾燥の時間を入れた一体、何日ほど確保しないといけないのだろう。


この週末以降から11月までゲストワーク続きで

ベルリンの滞在日数がとても少なくなる。

仕事を入れすぎた状態にしてしまっているところに、

この塗装作業がどこかでやってくるのだけど、

どうやって段取りをしたらいいのだろうか。


書類作成で取られる時間にすでにがっかりしていたのに、

これは、もう大変な作業である。

困った。。。


先週、ケルンで賃貸アパートの話が舞い込んできた。

11月1日から入居可能で、アパートはお得な物件に思えたのだけど、

新しいアパートに引っ越しするための態勢は、この状況では無理なので

今回は見送ることにした。


ドイツ全般に言えることなのだろうけど、アパートを借りるのはとても難しい。

だから今回見送るのはちょっとザンネン…


賃貸契約にたどり着くまでが一苦労なのだけど、

これは、街の中心部、人気のエリアにかぎらない。


というのは、オーナーが借主を十分に見定めたい考えがあるので

仲介業者が良いと判断してもオーナーが拒否する場合があるので、

とても時間がかかる。


日本のスムーズな流れに慣れていると、本当にイライラする仕組みなのだけど

時間がかかることを念頭に、じっくり取り組まなければならない。


ひとまず、ベルリンの自宅とゲストワークに集中。

ケルンでの家探しは来年からだ。








by alhaut | 2017-08-28 18:19
Tattoo gallery 101:夫婦の鳳凰のタトゥー
鳳凰のバックピースタトゥー(背中一面のタトゥー)遂に完成。

腰には、イルカの古いタトゥーがあり、それを鳳凰を使ってカバーアップ。
昨年8月から開始して、ようやくの完成。

b0087085_19525664.jpg
仕事の都合でアメリカへ帰国することになり、今月中に完成しなければならず
この3か月ほどはかなりの回数を施術に通ってくださった。

ショップメンバーからも顔を覚えられ、親しみのある空気が流れながら
毎回の施術だった。

施術期間というのは、どこか距離の近づいた友人のような心境になるのだが。
それも、タトゥーの完成ともに終了。

この後は、頻繁にお会いすることもなくなるので、
双方、ちょっぴり寂しい気持ちが混じりながら、
未来を祝福する気持ちで、
お客さんを送り出す。


「また、次のタトゥー、休暇を取ってドイツに来ますね」

その時は、もちろん、お客さんに似合う素敵なタトゥーを準備してお待ちしています。

その鳳凰とともに素晴らしいこれからを過ごしていただきたい。



椋妃(Ryoki)

・タトゥーをお断りする場合
http://alhaut.exblog.jp/27062079/

※現在、日本ではなくドイツでタトゥーの仕事をしています。
================================================

ウェブ: http://ryokitattoo.com/
フェイスブック: https://www.facebook.com/ryokitattoo/
インスタグラム: https://www.instagram.com/ryoki_tattoo
================================================

by alhaut | 2017-08-27 20:04 | Tattoo(タトゥー作品)
また遅延
ケルンでのゲストワークが終わって、ベルリンへ。
b0087085_01143904.jpg



またもや、遅延10分遅れ。

ドルトムントで20分の幅をもって、乗り換えなのだけど、次のICE(高速鉄道)に乗れる自信があまりない…。

残された10分で、大きなスーツケースとバックパックを背負ってプラットホームからプラットホームに走らなければならないのだけど、
そのパワーが残っているのだろうか…

と、ブログをつけてる最中に、遅延が15分に。
もう、ベルリン行きの乗り継ぎは無理になり、
次の最終を待たなければならなくなった…

7月から毎回、往復で大遅延に遭遇しっぱなし。

大概慣れてくるのだけど、イラっときている。

ま、この後に予定も仕事の予約もないので
慣れてしまって、のんびり構えるしかない。


by alhaut | 2017-08-27 01:11
到着、遅延40分
結局、最後の鉄道も車両点検で40分停車のアクシデント。

深夜0時。

b0087085_07484483.jpg



ようやくケルンに到着したものの、
アパートの鍵を預かっている送迎リムジン会社の担当者が不在。
深夜なので担当者が一人しかいない。


空港へ送迎に行っているので15分待てと言われ、
会社の前で座っている。すでに20分経過。


顧客の予定管理とか、
仕事の段取りの把握はどうなっているのだろうか。
お客に連絡して、何らかの手を打つとか、
連携する気は皆無。
ことが起きたら対応。責任はとらない。
ここに限らず、よくあることだ。
(私から電話しておけば良かったのかもとは思っている)

ドイツに来た当初、この感覚の違い、常識の違いにとても苛立ってしまったけれど、
今は慣れるようにしている。


こちらの15分はあてにならないので、
30分以上になるのは間違いない。

b0087085_07484541.jpg


深夜の大聖堂は、鳥がたくさん舞っていた。
鳩か、何かわからないけど、白くライトアップされ紙吹雪みたいで綺麗だった。


by alhaut | 2017-08-21 07:30
施術をお断りする場合
タトゥーをお客さんへ施術するにあたり、
請け負い可能な仕事、請け負い不可の仕事を
私自身の方針に基づいて設定しています。


この方針に合わないお客さんについては、
施術はお断りしています。

たとえそれが、ふたつ目以降のタトゥーであっても、方針を曲げることはいたしません。


方針に合わないという理由で
お断りしたにも関わらず、
理解を示さずに独自の理屈を展開し、
話し合いが決裂した状態のまま、
別の新たなタトゥー(方針に合うであろうもの)を依頼されたとしても、お引き受けはいたしません。


タトゥーは、彫られる側のお客さんと彫る側のタトゥーアーティストとの共同作業で成り立つものです。


相互の信頼関係が成立しない状態では、
彫る側の私が、ポジティブな良いエネルギーを持ったタトゥーを彫ることができません。

良いタトゥーを創ることができない。
それはお互いにとって良いことではありませんから、
信頼関係が成立しないお客さんへの
タトゥー施術はお引き受けしません。



これは、ドイツでも日本でも同様に同じ方針です。
打ち合わせを通して、お客さんとお話をした上で
方針と合わないものはお断りしています。


椋妃(Ryoki)

※現在、日本ではなくドイツでタトゥーの仕事をしています。
================================================

ウェブ: http://ryokitattoo.com/
フェイスブック: https://www.facebook.com/ryokitattoo/
インスタグラム: https://www.instagram.com/ryoki_tattoo
================================================


by alhaut | 2017-08-21 06:35 | Tattoo(タトゥー作品)
その後、いきなりキャンセルに遭遇する鉄道移動

先ほどのブログを更新後、

アパートホテルのオーナーに最寄り駅まで送ってもらった。

駅に到着したら、「本日キャンセル」の電光表示。。。



タクシー移動になった。


サイトの表示はこの通り。

 


15時15分は来るんとちゃうんかいムキー


14時半から15時半に移動したい人はどうしたらいいのでしょ。

(14時前の列車の運行状況も、表示を信じることができないが…)

日曜日だからと、手ぇ抜きやがって。

(日曜日で乗客が少ないからやめたのか、他の事情でやめたのかは不明ではある)

ま、こんなこともあると思っていたので、

絵文字ほど腹が立つこともなく、

しょうがないねぇとさっさとタクシーに乗車。

本当に気が長くなった。


テュービンゲン駅に到着すると、ここで初めて電光掲示板の表示を見た。




9月10日までは、一部の路線が代替バスと鉄道の運行。

一部の路線が完全に停止ですべて代替バスの運行。


ということだった。

こういう情報が、ドイツ全域の鉄道に路線には伝わらず、

また鉄道のサイトを見ても情報が載らない。


注意マークとともに「現地でご確認ください」

という程度なので、時間のロスは必ず発生してしまう。


一つの地域に行くために、いろんな路線で行く方法があるから

情報をいちいち提示するのが面倒な作業なのかもしれないが、

乗客の時間を無駄にすることはお構いなしなところが、

がっかりするけど、こちらでは当たり前な感じ。


だから、十分に時間をとって、万が一を想定して動かないといけない。





とりあえず、ランチ。

食べたいランチが平日のみという不運に遭遇。

ドイツ風とんかつシュニッツェルを注文したのだけど、

アイフォンよりも一回り大きいとんかつが2枚も登場。

食べきれるわけもなく、1枚は持ち帰りにしてもらった。


ドイツの方は体格が大きいからこれくらいは必要である。


今日は、一刻も早くシュトゥットガルトに向かいたい気持ちが募り、

また運行状況を見るのがどこかドキドキする。


そこからの鉄道は何事もなくケルンに行ってほしいと思う。

























by alhaut | 2017-08-21 01:55
ドイツ鉄道移動で習ったこと

ここでのゲストワークを終え、これからケルンに移動。




8月12日、オッフェンブルクとカールスルーエ間で行っている

トンネル建設工事現場で土砂崩れが発生。

南ドイツ方面とスイスをつなぐ主要な路線がすべて利用停止となった影響で、

ローカル線が利用するルートを使うなどして、

ICE(高速鉄道)や貨物を走らせることになった。


そのため、ローカル線のダイヤが大幅に変更になっている。


木曜日は、それによる鉄道キャンセルに遭遇し、時間を無駄にしてしまった。


この状態が復旧する見通しは今のところ立っていないようで

当面、この不便な状態が続くことになる。

私も、8時間半の移動が11時間から12時間になることを見越して

旅の計画を立てなければならない。



土砂崩れが起き、困った事態が発生しているということは,

ニュースで知っている人が多いのだけど、では、駅に行ったときに

その事態が説明されているのかというと全く説明がない。


ただ、「鉄道キャンセル」

という表示のみ。


そして、どのような対応策があるのかの説明もない。


それで、駅に行って、いきなり予定変更を知り、自身の予定も狂ってしまい

面食らって大慌てする。

そういう事態に遭遇している人をたくさん見かけた。


ドイチュバーンのサイトを見てみると




こんな感じで、運行状況が出るのだけど

そこにも説明がなくて、「故障」とかシンプルな言葉があるだけ。


前もって告知する、対応策を知らせるなどすると

かなりな人が迷惑をこうむらなくて済むと思うのだけど、


「そんなもん、自分でネットを使って調べろ」

「現場に来てから考えて」


というのが、鉄道側の姿勢。

信じられないけど、本当にこんな感じ。


なので、自分の身は自分で守らなければならないという考えを基本にして、

鉄道に乗車する前に、何か変更がないのか、自分の手で調べて

確認して行動するというのがとても重要になる。


先日最終列車がキャンセルになった時は、ホームに上がって乗車5分前に知った。

私がチケットを購入した以降に、鉄道の運行に変更があったとのこと。


信じられないけど、すごく適当なことが起きて、それが何となくうまく回しているよう。


人や物事はあてにできないよ。

というのをドイツに来て、よく習うことになった。


ということで、今日の移動は早めに移動。

テュービンゲンのカフェでランチできる余裕をもって、次のゲストスポットに出発。





by alhaut | 2017-08-20 21:46
方位磁石コンパスのタトゥー

ゲストワーク先での仕事。

方位磁石コンパスのワンポイントタトゥー。


この手のワンポイントタトゥー、スモールタトゥーは

最近はあまりやらないので、私にしたら珍しいタトゥー。


b0087085_18475634.jpg


というのは、ショップメンバーが音信不通になってしまい、

その人が放棄した予約をみんなで補わなくてはならなくなったという事情が発生。


私がゲストワークにやってくる前、スタジオの予約のやりくりが大混乱して

大変だったよう。


人にはいろいろ事情があるから、そのことについては

思うことあるけど、なんとも言えないし、責めることもできない。


しばらくは、こういうスモールタトゥーも対応することになりそう。

小さなワンポイントのタトゥーというのは

実は基礎力がとても求められるタトゥー。


常々、難しいと感じているので、この機会は勉強と経験に良いのだろうと思う。





by alhaut | 2017-08-19 18:49 | Tattoo(タトゥー作品)
鉄道キャンセル(^^;;
シュトゥットガルトからテュービンゲンへ。

b0087085_23421789.jpg


車内から、シュトゥットガルト中央駅手間。
b0087085_23421766.jpg




乗り継ぎテュービンゲンヘ。

b0087085_23421778.jpg




テュービンゲンに到着。

ゲストスポットへ向かうローカル田舎列車に向かうと、なんと列車キャンセルの表示。

b0087085_23470610.jpg


三本鉄道キャンセルが続き、かれこれ1時間半待っている。

ほんま、なめとんのか。

と思う。

ついでに、インターネット回線まで不安定でつながりにくくなっている。
(これはなんとかアップできた)

ドイツ人は時間厳守できっちりしてる。
というのが、世界の評判だけど
鉄道に関してはそんなことはない。

ドイツ人、アメリカ人の友人とこのことで先日話題になったところ。

それでも、南ヨーロッパの国々の鉄道事情と比べるととてもスムーズに運行されているとのこと。


8時間半の所要時間が11時間ぐらいになっている…。

ま、なんとかなりますわ。







by alhaut | 2017-08-17 23:39



ドイツで活動中の大阪出身の女性彫師椋妃(Ryoki)です。 2001年から2011年まで、大阪心斎橋のアメリカ村で タトゥーショップを経営していました。ドイツでのタトゥー仕事、日々の出来事を記します。
by alhaut
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
Tattoo(タトゥー作品)
In progress タトゥー途中経過
タトゥーを彫る人、日常
ドイツでの日々
Tattoo Journeyタトゥー旅
タトゥーを彫るまでの流れ
Tattoo convention
(Brazil)ブラジルタトゥー旅
Diary(日々の出来事)
Edu(ALMAH/)タトゥー
Events(イベント)
デッサン
Painting
お客様へお知らせ
旅の道中、車窓
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 04月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧