Tattoo Galley 25:カササギのタトゥー Al-Haut Tattoo
カササギのタトゥーを彫りました。

b0087085_11087.jpg


カササギはカラスと同じ分類の鳥で
主な生息地は東アジア、
日本では北海道、九州地方に少し生息しています。

日本には元々いなかった鳥で、朝鮮半島から渡ってくるミヤマガラスの一群にまざるなどして
一緒に渡ってきたものが日本に定着したものと見られていて、
奈良時代の和歌で詠われたりもしています。

東アジアの神話、伝承では、カササギは七夕の架け橋をつくる伝説の鳥といわれており、
特に朝鮮半島では、この鳥はとても親しまれているのだそうです。



カササギの英語名はMagpie(=マグパイ)で、
この名称はとくにヨーロッパ地域に生息する”European Magpie”を指すそうです。
ちなみに、カササギは、アフリカ、北米にも生息しています。

ヨーロッパでのカササギの位置づけは、”頭のいい泥棒”という位置づけで
光るものを集めるカササギの習性から、集める行動を「盗む」、光るものを「宝石」に当てはめて
当てはめて泥棒という扱いになったようです。

「泥棒カササギ」というタイトルのロッシーニのオペラはこの見方から誕生しました。

19世紀には、春のカササギは、悪天候をもたらすという伝承もあったようで
ヨーロッパ全体では、泥棒、悪天候など、あまり良いイメージが伝統的にはないようです。

アジアとヨーロッパで捉え方が異なる点は面白いです。

しかし、カササギは美しく、頭が良いです。
鏡に映る姿を認識するテストでは、カササギが鳥類で初めて自分自身であると認識したそうです。
脳の大きさも他の鳥と比べて大きく、さすが頭が良いカラスのグループの鳥です。


b0087085_122642.jpg


ベルリンでは、日常、よくカササギを見かけます。
翼を広げて飛ぶ姿はとても美しく、見かけるたびになんという鳥なのだろうと思っていました。

この鳥のタトゥーの依頼を受けるまで名前を知りませんでした。
カササギという名前は知っているものの実際の姿は見たことがなかったので
この鳥を知る良い機会になりました(^^)

お客さまはカナダ人。
カナダでも良く見ていたといっているので、美しさに惹かれて
タトゥーを彫ることにしたのだろうと思います。

ヨーロッパの伝承は、タトゥーを彫る動機にはちょっと合わない感じですが、
この鳥の美しさは、タトゥーとして彫るのに充分な動機になります。


b0087085_142376.jpg

ひな鳥、かわいいです(*^_^*)


by 椋妃

ご訪問ありがとうございます。
今日も良い一日となりますように。



Tattoo Art Works Al-Haut
http://www.al-haut.com/
by alhaut | 2014-01-10 01:06 | Tattoo(タトゥー作品)
<< スイス2日目 Al-Haut ... 現在進行形のタトゥー53:仕事... >>



ドイツで活動中の大阪出身の女性彫師椋妃(Ryoki)です。 2001年から2011年まで、大阪心斎橋のアメリカ村で タトゥーショップを経営していました。ドイツでのタトゥー仕事、日々の出来事を記します。
by alhaut
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
Tattoo(タトゥー作品)
In progress タトゥー途中経過
タトゥーを彫る人、日常
ドイツでの日々
Tattoo Journeyタトゥー旅
タトゥーを彫るまでの流れ
Tattoo convention
(Brazil)ブラジルタトゥー旅
Diary(日々の出来事)
Edu(ALMAH/)タトゥー
Events(イベント)
デッサン
Painting
お客様へお知らせ
旅の道中、車窓
以前の記事
2018年 10月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 04月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧