マンチェスター10月17日:2
私のホテルはジャズバーのすぐそばだった。

ホテルは、ホリディイン・エクスプレス。
ホリディインのB&Bホテルタイプになるのかな。

B&Bホテルとは、ベッド(Bed)&ブレックファースト(Breakfast)の略で、
宿泊と朝食のみをわりあい低価格で
提供しているホテルのこと。

現地では眠るだけという人にとって、
ホテル代はできるだけ抑えたいところ。

安いけど快適が良いという希望を満たしてくれるのが
B&Bホテル。

この種のホテルは、土地によって、
サービスが上下して
悪いところは本当に悪いのだけど、
大手チェーンのホテルは清潔度、サービスは
最低のラインは確保されているように思う。

ここはどうかというと、とても良かった。

他のB&Bホテルよりは高い料金設定の分、
親切なサービスがあって当然なのだろう。



チェックインの際に、支払いを
現金かクレジットカード払いを尋ねられる。

現金払いをお願いしたところ、

「では、本日、部屋の保証金として50ポンドを
お預かりいたします。」

とのこと。
これは、後ほど、言葉足らずだったとわかるのだけど、
とにかく50ポンドを払わないと部屋に入れない。


両替しないと…。


両替商の所在を聞くと、ピカデリー駅の近くで
徒歩で15分かかるとのこと。

すぐそばにあるだろうと、
空港で両替しなかったのは少し甘かった。

「少し遠いですが、大丈夫ですか?」

「いえいえ。とにかくポンドが必要ですから。
歩くのは全然平気ですよ。
徒歩15分だと、私の足じゃ30分でしょうね。」

と、荷物を預け、チェックインは出直し。

街を散策するにはちょうど良い。


ということで、私が歩いて見たマンチェスターの景色を。


b0087085_7294295.jpg

あまり背の高くない煉瓦色のビルが続く街並み。

b0087085_730136.jpg

イギリスといえば二階建てバス。
と聞いたことがあるけど、
二階建てバスはどこかおしゃれである。


b0087085_731438.jpg


b0087085_732109.jpg


マンチェスター市庁舎の辺り。
この市庁舎は観光には必須のベストスポットの
ひとつのよう。
素晴らしい建築が連なっている。

b0087085_864212.jpg


買い物の中心地マーケットストリートの
そばにあるピカデリーガーデン。

写真は日曜日の朝のものなので人が少ないけど、
歩いた土曜日は人だかりで大賑わい。


b0087085_7325192.jpg


子供の遊び場もある。


b0087085_7331652.jpg


イタリアンレストラン。
ASK ITALIANなんて、英語が外国語の人には
生まれないネーミングだと思う。


イタリアンの隣は、
Proper Hamburgerだった。
さぞかし美味いハンバーガーを食べることができそうだ。

お店のネーミングをみると、英語を母国語にする
人の言葉のセンスの良さを感じる。

マーケットストリート。
b0087085_7333934.jpg


b0087085_734418.jpg


この写真の先は、道が人で完全にいっぱいだった。
人混みの苦手な私は、写真を撮る気力をここで失う。

イベント事は満員でも平気。
むしろさらに楽しい気持ちになるのに、
雑踏は慣れない。

この後、両替商を探すべく、
巨大なショッピングモールに入り、さらに
人混みに揉まれ、迷いに迷って、
両替商にたどりつくのであった。

まさに揉みくちゃ。



マーケットストリートのそばには、
チャイニーズタウン(中華街)があった。

マンチェスターのチャイニーズタウンは、
イギリス国内では大規模なもののひとつだそう。
b0087085_7342373.jpg


私にとっては、神戸南京町が思い出されるのだけど、
どこの国にいても自国の色合いを出す
中国人のパワー、たくましさには本当に圧倒される。

お昼は中華料理に決定。

マンチェスターには、カレーマイルなる
インド料理専門ストリートがあり、
インド料理を食べるつもりでいたのだけど
東アジア料理の方が断然親しみあり。

美味しい中華料理をテイクアウトして、
ホテルに到着。

チェックイン手続きをしてみると、
クレジットカードをチェックイン時に
提示しない場合、
宿泊費とは別に50ポンドが必要。
提示したら、チェックアウト時に支払い方法が選べるということだった。

弁償が必要な事態が発生した時に、クレジットカードの番号があれば
強制的に引き落とせるということか。

最初の担当者さんの説明不足だったのだけど、
おかげで少し散策ができた。

ホテルルーム。
b0087085_7344550.jpg


良い感じのお部屋である。

b0087085_735230.jpg


窓の景色はこんな感じ。

部屋の机には、耳栓がサービスで用意されていた。

鉄道の音が気になるのだろうかと不思議だったけど、
深夜部屋に戻って状況を理解した。

ジャズバー含む周辺のバー、クラブの
騒音がけたたましく聞こえてくる部屋なのであった。
部屋は五階だったけど、その上の階、または反対側の部屋でも騒音はそんなに変わりはなさそう。


どんな環境でも眠ることができるなら良いけど、
繊細な人では耳栓でも間に合わないだろうし、
大体、繊細な人は耳栓の使用自体がダメかもしれない。
私には無関係なのだけど。

オックスフォードロード駅のこぢんまりさから、
静かな街を想像していたけど、
サタデーナイトのマンチェスターの中心地は
眠らない街だとわかった。



by 椋妃

◎お知らせ◎


現在椋妃はドイツベルリンで仕事をしています。
椋妃の帰国時にタトゥーの施術にご興味をお持ちの方は
帰国時期確定時にお知らせいたしますので、
予約フォームから一度お問い合わせください。

予約フォーム
http://al-haut.com/appointments/

よろしくお願いいたします。


Tattoo Art Works Al-Haut
http://al-haut.com/

椋妃 FBページ

https://www.facebook.com/pages/Al-Haut-RyokiTattoo-studio-in-Osaka-Japan/131588156870070


椋妃 Instagram
https://instagram.com/ryoki_tattoo/
by alhaut | 2015-10-20 07:36 | ドイツでの日々
<< マンチェスター10月17日:3 マンチェスター10月17日 :1 >>



ドイツで活動中の大阪出身の女性彫師椋妃(Ryoki)です。 2001年から2011年まで、大阪心斎橋のアメリカ村で タトゥーショップを経営していました。ドイツでのタトゥー仕事、日々の出来事を記します。
by alhaut
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
Tattoo(タトゥー作品)
In progress タトゥー途中経過
タトゥーを彫る人、日常
ドイツでの日々
Tattoo Journeyタトゥー旅
タトゥーを彫るまでの流れ
Tattoo convention
(Brazil)ブラジルタトゥー旅
Diary(日々の出来事)
Edu(ALMAH/)タトゥー
Events(イベント)
デッサン
Painting
お客様へお知らせ
旅の道中、車窓
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 04月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧