<   2018年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧
ANGRA show in エッセン
ANGRAエッセン公演に行ってきました。


b0087085_03272414.jpg



フェリペから日本のストリートチーム、ANGRA Japanのことを教えてもらったので、今回はライブの写真やビデオをそちらに送りました。

リハーサルの模様,ライブ,メンバーのメッセージなどとっていますので、ANGRA好きの方はぜひご覧ください。

ANGRA Japan

https://www.facebook.com/AngraAsia/


いろいろなデータを管理人さんに送っていきますので、ぜひチェックしてください。
11月の来日楽しみですね。

by alhaut | 2018-04-22 03:21
ケルンへの移動日、楽しみな予感

先日、4月12日のANGRA公演後、帰宅は深夜でした。

そのまま仕事の荷物をまとめて、軽く仮眠をとり5時のICEでケルンへ出発。


ケルンに到着後の仕事。


b0087085_18270446.jpg



始発のICEはいつもガラガラ。

こんな風に寝ている人もいますびっくり



気持ちはわかります(^^)

席が空いている場合、こうやって寝ていても誰も文句言いません。

席が必要な場合は、起こして席を譲るように気軽に言えるし

起こされた方も、逆切れすることは基本的にはありません。


ラッシュアワーの時間になると多くの乗客がやってきて、

いつの間にかこの方も目覚めていました^^




今年はメタルに絡んだことが多くなりそうな予感がありましたが、

3月からやはりそんなスイッチが入っています。

メタルに絡んだイベントが増え、今年は個人的な時間がなんだか面白そうです。

そしてメタル畑の人からのタトゥーの依頼はいつも楽しいです。


今週は私にとってはANGRAウィーク。

エッセンのショーが楽しみです。












by alhaut | 2018-04-15 18:27
ANGRAベルリン公演 04.12
Angraベルリン公演。

b0087085_20523172.jpg


地元のベルリナー(Berliner)ブラジリアンメタルヘッズの参戦で、予想以上の盛り上がり、
2015年の欧州ツアー以降、
私が観たドイツ公演の中でベストショーでした。

11月の日本公演、ANGRAファンなら絶対素晴らしいショーになるだろうと思います。


by alhaut | 2018-04-14 20:52
ANGRAベルリン公演へ
今日はANGRAベルリン公演。

b0087085_02075078.jpg

WIZARDは観れなかったけど、ご縁のあるバンドは必ず観ることができるのである。
by alhaut | 2018-04-13 06:15
現在進行中のタトゥー205:お稲荷さんのタトゥー、白狐部分を施術
白狐のタトゥー。
胸部分、背景のシェイディングを施術。
b0087085_20262877.jpg

ひとまず、写真のみのアップです。

by alhaut | 2018-04-12 20:27 | In progress タトゥー途中経過
天井が元通りに
昨年8月に発生した階上住人による水漏れ問題。
ようやく解決。
私がベルリンの自宅にほとんどいないこと、
先方の都合、冬休み、いろいろ続きようやく解決へ。
b0087085_21421635.jpg
ペインターの兄貴。

9月に濡れた天井を乾燥させ、
12月に天井をいったん開き、中を確認。

b0087085_21423154.jpg
繰りぬかれた哀れな天井。
b0087085_21424579.jpg
ようやく元に戻りました。

1月私の帰省からドイツに帰国したら
連絡を取り合うという約束だったのに先方からの連絡が放置され続けて3月。

そのうち連絡があるだろうと待てどもないので
「どうなっていますか?」とアパートの管理会社に連絡を取って
ようやくペンキ屋さんと再びコンタクトをとることになりました。

本日、水漏れ問題終了。
これで安心です。

それにしても8か月もかかるって、
おかしいやろって言いたいです。

こういうものの対応については数か月かかるというのがこちらの常識のようです。

皆さん時間がかかることをうんざりしながら対処しています。

迅速に対応するという点では日本にかなうものはないと本当に思います。

こういう他人を巻き込んだ作業、
事務手続きでいかに無駄な時間を取らないライフスタイルにするのか
というのを考えながらの生活。

特に外国人でドイツ語がままならない私の場合は、
言葉の問題もありコミュニケーションにさらに時間がかかります。

(まぁ、あらゆる問題の対応に時間がかかってしまうのは
言語の問題にかかわらず起こります。)


友人のサポートなども借りながらの対処となるので、
余計に時間がかかってしまい、できるだけ余計な出来事は起こしたくない
と考えながらのドイツライフです。


が、思うようにいかないときは行かないですね。

by alhaut | 2018-04-09 21:42
急展開、急展開な週末
オーバーウルゼルのメタルフェスをあきらめて、友人宅を訪問。

友人宅に到着後、スーツケースを開けてビックリ。
ノートパソコンをリンブルクのゲストワーク先に忘れてきていました。

オーナーに連絡をとったところ、ショップメンバーが翌日となる日曜日の今日スタジオを開けてくれること。

日曜日は仕事を離れたプライベートな時間。
そこをわざわざ時間をとって出向いてくれることは本当に感謝感謝です。


ということで、
昨日土曜日はそのまま、友人宅でゆっくり過ごしました。



b0087085_01181834.jpg


22時を過ぎたころ、別の友人からメタルフェスでのWIZARDの写真が送られてきました。

見れないことが本当に悔しい…

が、ノートパソコンを忘れていたのでフェスに参加していたら事態がさらにややこしいことになっていたことです。


今朝は滞在中のコブレンツから車でリンブルクに向かいノートパソコンをピックアップ。
b0087085_01192019.jpg

リンブルクではクラシックカーのイベントがあり、少し見物。


b0087085_01193504.jpeg


パソコンを拾ったあとは、
ドライブもかねて、少し遠回りをしてコブレンツへ。その後、ライン川沿いを少し散策し
ベルリン行きの鉄道に乗り込みました。



今年は寒さが長引きましたが、今日はようやく暖かな春の日差しで、絶好の散策日和でした。

予定外な日でしたが、とてもゆっくりリラックスした1日となりました。




by alhaut | 2018-04-09 01:16
トンネル閉鎖中で楽しみがなくなる…
リンブルクでのゲストワークが終わる今日は、フランクフルト近郊のオーバーウルゼルという町に行き、Taunus Metal Festivalというメタルフェスに参加する予定でした。

フェスティバルの名称は、
フランクフルト近郊に広がる山地Taunus(タウヌス)に由来します。

ドイツローカルと欧州のスラッシュメタル、ヘヴィメタル、パワーメタルバンドが集まった
トラディショナルメタルのフェスティバルで1月から楽しみにしていました。


今日のトリ、ヘッドライナーは
エピックパワーメタルと銘打ったWIZARD。
このバンドが観たくて…。
2000年からアルバムを聴いているにも関わらずライブを観たことがなかったので、今日は絶好のチャンスでした。

それなのに、それなのに、
フランクフルト中央駅からのローカル市電の
Sバーンがトンネル工事で閉鎖中。
ライブ後の深夜にフランクフルト中央駅に
戻ることができないという不運に遭遇。


地下鉄で現地までは到着できるものの、
23時がフランクフルト中央駅に戻る最終時刻。WIZARDの出演時間は23時…。

フェスに行っても、観たいバンドか見れないという悲劇。



ベルリンから自身のメタルレーベルでブース出展しているメタルヘッズの兄貴と
ベルリンに戻る段取りをしようにも私の大きなスーツケースをレーベルの音源と一緒に積むことができなかったので、
中央駅から鉄道に乗る手はずは変えられず。

フェスで、フランクフルト方面に戻るドライバーとなる仲間も発見できず…。


フェスに参加しない友人が、ユーバー(一般人がタクシー業務を行う格安のタクシーのようなもの)を探してくれたものの、その地域にはユーバーが存在せず…。

どこをどうみても自力でたどり着けないので、参加を断念しました。



WIZARD,年に数回のフェスティバルでのショーという、あまりアクティブな活動をしていないようなのでショーを観るご縁に巡りあえるのか、なんとも微妙です…。




by alhaut | 2018-04-07 22:50
タトゥー治癒後の状態 ゲストワーク先のホテル

タトゥー治癒後、10か月ほど経過したタトゥーの状態。

b0087085_18450529.jpg


花魁(おいらん)キャットニコニコ



鳳凰のしっぽ。この角度から見るタトゥーが好きです。


こちらは、タッチアップ作業後、1週間が経過したタトゥーの状態です。


お客さんが写真を送ってくださいました。



ゲストワーク先のホテルルーム。


今回で4回目の滞在となるこのホテルは、家族経営のホテルレストラン。

ホテルというよりもプチペンションという感じの小さなホテル。


チェックインしたとたん、オーナーシェフのお父さんから

「おー、タトゥーアーティストのおねいちゃん、ウェルカム!」

と、とてもご機嫌に迎え入れられびっくりでした。


前回宿泊したときに、税金資料の関係で渡した私の名刺から

私の職業のインパクトが大きかったようです。


私のゲストワーク先で施術を受けた従業員の方もいらして、

オーナーの息子さんからはタトゥーの相談まで持ち掛けられました。


お父さんのほうはタトゥーを彫るのは興味ないけど見るのが大好きで、

私のタトゥーもネットでチェックしたと爆  笑


「いいタトゥー彫るねぇ」


と、お世辞でも嬉しいですニコニコ



今回のゲストワークでは、20代から70代までの方にタトゥーを彫る日がありました。

ドイツ人(だけに限らず、欧米の方といった方が良い)は、本当にタトゥーが好きなのだなぁと

思う瞬間が多々あり。


第二次大戦以前のドイツではタトゥーは現在のような感じで、彫るのはポピュラーだったそうです。

それがヒトラー政権では禁じられたと。

そういう経緯がドイツにはあるのだとドイツ人の友人から教えてもました。


このあたりを裏付ける資料など調べることができたらいいなと思います。






by alhaut | 2018-04-05 19:44 | Tattoo(タトゥー作品)
祝日、それからゲストワーク
3月30日から4月1日の期間、
キリスト教の重要な祭イースターのためドイツでは連休でした。

カトリックの影響の強い地域ではとても厳守なムードが感じられます。
イースターを家族全員で過ごすのがドイツの文化です。

私はというと、イースターの祝日を家族で過ごした後のフリータイムとなった友人たちとタトゥータイムの数日。

ヘヴィメタルつながりの友人たちと
タトゥーの打ち合わせ、タトゥー、それから
ディナーという半分仕事という日々でした。

私の場合、プライベートの時間も仕事につながる時間なので、ごく親しい友人たちへのタトゥー施術はリラックスできる時間です。


中でもIRON MAIDENつながりの友人夫婦は特別で、自宅に私の施術ベッド、ランプなど必要機材を預けてしまっていて、空いてる部屋をタトゥースタジオのような環境にして仕事をしています。

それ以外の友人にはみんなタトゥースタジオに
彫りに来てもらっています。

好きな音楽を聴きながら、共通の話題をもって仕事ができる時は本当に楽しい。

今日はこれから五日間、フランクフルトから一時間ほど離れた小さな街リンブルクでのゲストワーク。
b0087085_20470639.jpg

小さな田舎町で、
周辺にタトゥースタジオが少ないことから、
小さなワンポイントタトゥーの飛び込み仕事、
ウォークインタトゥーの依頼が多いスタジオです。

自分のスタイルのタトゥーというものは、
ここではできないのですが、
お客さんの希望を瞬時に理解してよい技術を
提供するという方針武者修行のような気持ちで
仕事をしています。

一日がめまぐるしく過ぎる日々となりますが、
仕事が終わると、マラソン後のような爽快な気持ちとなります。


今回はどんな日々となるでしょうか。



by alhaut | 2018-04-03 20:59



ドイツで活動中の大阪出身の女性彫師椋妃(Ryoki)です。 2001年から2011年まで、大阪心斎橋のアメリカ村で タトゥーショップを経営していました。ドイツでのタトゥー仕事、日々の出来事を記します。
by alhaut
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
Tattoo(タトゥー作品)
In progress タトゥー途中経過
タトゥーを彫る人、日常
ドイツでの日々
Tattoo Journeyタトゥー旅
タトゥーを彫るまでの流れ
Tattoo convention
(Brazil)ブラジルタトゥー旅
Diary(日々の出来事)
Edu(ALMAH/)タトゥー
Events(イベント)
デッサン
Painting
お客様へお知らせ
旅の道中、車窓
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 04月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧