<   2018年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧
エッセンで撮影したANGRAから日本のファンへのメッセージビデオ

先月4月、欧州ツアーでドイツにやってきたANGRAを見に行ってきました

ベルリンとエッセンの2公演でしたが、本当に良いショーを見せてもらいました。


まず一番大切なものを先に。

4月20日、欧州ツアー最終日(Essen)エッセンでのショーで撮影したANGRAのメンバーからのメッセージビデオです。


ANGRA Japan ストリートチームにアップされたメッセージビデオ


Street Team JP ANGRAより



今回の欧州ツアーは、

ANGRAがヘッドライナー(大トリ),

元Queensrÿche のシンガー、Geoff Tateジェフ・テイト)のバンド
Operation: Mindcrime がスペシャルゲスト(トリ)。


フロントアクトにHalcyon Way, 

Ravenscry/Starbinary/Avelionといラインナップ。

Ravenscry(04/06-04/19)/Starbinary(04.01-04/05)/Avelion(03/22-03/31)は

一定の期間サポートしていました.。


このラインナップで3月22日のベルギーを皮切りにヨーロッパで24公演を行いました。

b0087085_02075078.jpg


Essen公演は最終日。
ANGRAはこの後、ロシアに飛びモスクワ公演後にブラジルに帰国するという流れでした。


19日お昼にエッセン入り後、

ショーの準備とともに出国のための旅の段取りもあり超多忙のバタバタ。


ライブが終了したのが日付が変わった深夜0時。
機材の搬出作業を終え一息ついたのは1時頃。


全バンド、デュッセルドルフ空港に向かうので

エッセン出発時間の深夜3:00まではフリータイム。

ツアーバスに乗って休息をとる人もいれば、バスから出て
ライブ会場前でビールを飲みながらみんなでワイワイ。
現場は、1ヶ月の長いツアーが終わった安堵もあり、
とても和やかな雰囲気でした。


ビデオではそういう雰囲気が周囲の音からも伝わりますが、

ラファエル、ファビオ、フェリペのリラックスした雰囲気には

今回のツアーがどれほど素晴らしく成功したものだったのかが表れているようでした。


ライブ後のビールが完全に回ってしまったラファエルと

バンドメンバーの管理人的存在のフェリペとの一番最後のやり取りは面白いです。


酔ったラファエルが、


「来日公演では裸の女性がステージに上がるよ」


と、口にした途端


「オーケィ」


と、そくざに流し


「カット、カット!」


と、ビデオをここで終えるようにフェリペが促しています(^^)



後日、エッセン、ベルリンのあれこれや、

このビデオの日本語訳などアップしていきたいです。



私が撮影したものは、全てANGRA Japanにお届けしています。

ANGRAに興味がある方はぜひANGRA Japanをフォローしてください。

ブラジルからの新しい情報が常時更新されています。


ANGRAの情報はANGRA JapanのFBまたはツイッターで日本語で見ることができます


ANGRA Japan FB
https://www.facebook.com/AngraAsia/


ANGRA Japan Twitter

https://mobile.twitter.com/Angra_ST_JP




ここからは余談です。

このブログはタトゥーアーティストである私、椋妃(Ryoki)のタトゥーブログなのですが

ヘヴィメタルは私を表す要素の一つとして欠かせないものなので、

椋妃というタトゥーアーティストのライフスタイルの一部として

メタル関係の話もブログにしています。



私はANGRAは、初期からのファンで

「ブラジルになんかすごいバンドがいるぞ」

と日本のマニアックなメタルヘッズたちが騒ぎ始めた90年代からのファンでした。


そんないちファンだった私が、2007年以降

ANGRAのメンバーや彼らの関係者たちにタトゥーを彫ったことがきっかけで

友人のように接してもらうようになったことは、私自身信じられないような驚きで

このようなご縁を与えてもらったことに感謝しています。

あの日からANGRAとのご縁が今日まで続いていることはミラクルです。



この縁をつないでもらったのは大阪のS.A.Musicの浅井さん。

当時はDISK HAEVENでご縁をつないでもらいましたが、

浅井さんだけでなく当時の大阪店店長の中川さんにも本当にお世話になりました。

このヘヴィメタル専門店でANGRAのマニアックな音源をたくさん入手。

世界のいろんなバンドを知ることもできました。


90年代、インターネットが普及していなかった時代に

国際郵便で日本とブラジル、海外をつなぎ、現地のバンドと交流し

情報を日本に持ち込むということがどれだけ大変だったことか。


メールによって外国とのやり取りが、いともたやすくなった現代から振り返ると

その大変さを一層感じます。


メタルを愛する情熱、ヘヴィメタルという音楽を通じて

国境を越え、世界をまたにして人の輪や友情が広がっていくことに

口では言い表すのが難しいほどの感動を覚えます。




by alhaut | 2018-05-30 22:34
風神と牡丹のタトゥー途中経過、Metal Inquisitor

風神のタトゥー、途中経過。

風神と牡丹、背景は風神の風と波。


b0087085_02102824.jpg


シェイディングに着手。



タトゥーの持ち主は、ドイツのヘヴィメタルバンド

METAL INQUISITORの創始者でギタリストのBlumi(ブルーミ)。


彼の名前は、ドイツ語の花(Blume=ブルーメ)から来ているので

牡丹をたくさん配置しました。



METAL INQUSITOR

b0087085_05332607.jpg

右端がBlumi。


その隣が、もう一人のタトゥーのお客さんMamono Hunter。

二人は日本のバンドMETALUCIFER ジャーマンプロジェクトチームのメンバーでもあります。


Blumiがジャパニーズスタイルのタトゥーを彫る理由は

この日本のバンド、METALUCIFERとの長年にわたるご縁、

それから、METALUCIFERへのリスペクト、バンドへの個人的なトリビュートとして

ジャパニーズスタイルでタトゥーを彫ることにしたそうです。

彼の想いを聞いてちょっと感動しました。

METALUCIFERは海外で本当に人気があります。



彼らのバンド、METAL INQUISITORは、IRON MAIDEN、NWOBHM(New Wave of British Heavy Metal)、

80年代ヘヴィメタルの影響を受けたトラディショナルヘヴィメタルバンド。

METALLICAからの影響も時おり感じます。


2014年には大阪、難波のヘヴィメタル専門店S.A.Music

日本のメタルシーンのサポートを受け日本で来日公演をしています。



アルバム、Doomsday for the Heretic

所属するレーベルMassacre Records(マサカーレコード)のオフィシャルYou Tubeより。


現在5枚目となるニューアルバムを制作中です。


ステージ上のタトゥーを見る日が楽しみです。



by alhaut | 2018-05-29 02:11 | In progress タトゥー途中経過
6月は移動多し
6月1日から再びゲストワーク旅が
始まるのですが、あまりの移動の多さに
我ながら驚きます。

ベルリン→フランクフルト→リンブルク→
ケルン→スイス・ベルン→ハノーファー→
ベルリン→ケルン→フランクフルト→
フライブルク

長距離、短期的含め1ヶ月で10都市の移動。
(ベルンはスイスなので正確には1国と9都市の移動)
あともう1都市増えるかもです。

これだけ移動をしていても、
バーンカード50と早割チケットを購入しているおかげで
交通費は意外と安く抑えることができています。

バーンカード50というのは、
ドイチュバーン(ドイツ鉄道)が発行しているカードで
全鉄道が50パーセント割引になるというもの。
これは早割り価格にも多少割引がきくのでお得です。

ドイツの東から西と南西を繰り返しながら過ごす6月ですが、
振り返ると2015年から開始したゲストワークの旅からずっと
この範囲での移動の繰り返し。
北と南はほとんど行く機会なしというのが面白い。


公私ともの予定で移動が増えるわけですが、
体調管理、仕事の集中力を維持しながら
常に一定した状態で良いひと月を送りたいです。





by alhaut | 2018-05-28 04:11
ジャーマンスラッシュメタル、Deathfist のライブへ

ケルンからベルリンに戻りました。


5月12日はエッセン(Essen)へ。

タトゥーのお客さんでもあり、メタルつながりの友人でもある

Mamono Hunterがベースを務めるDeathfistのライブへ。


Deathfist FB :https://www.facebook.com/deathfistgermany/

 

Deathfistは、ジャンルはスラッシュメタル。

典型的なジャーマンスラッシュメタルといわれています。


女性ボーカル、Corinna(コリーナ)のデスボイスは、ハスキーさが混じる魅力的な声。


b0087085_22045706.jpg

いかついサウンドにいかつい声ですが、どこか魅力されます。




2008年、ギターのMarkus(マークス)とヴォーカルのCorinnaによって結成。

現在SODOMとDESASTERで叩いているTormenter(トーメンター)

(SodomではHusky(ハスキー)というステージネーム)

がサポートドラマーとして参加。

そこに、Metaluciferジャーマンサポートチームで一緒にやっていた

Mamono Hunterがベースとして正式参加しバンドが始動しました。


2018年の現在、新しいドラマーのJan(ヤン)が入ったラインナップで活動中。

Deathfistは、マニアックなメタルファンなら知る人ぞ知るというバンドです。


今回のライブは1年半ぶりのライブでした。


場所はエッセンにあるライブハウスCafe Nova。

結成当時初めてライブを行った同じ場所でのショーでした。


この日のお客さんの数は30人ほど。

とてもアンダーグラウンドなメタルシーンの雰囲気を漂わせていましたが、

ハイクオリティなライブでした。


次回のライブも楽しみです。












by alhaut | 2018-05-27 22:06
Tattoo Gallery 111:鬼のタトゥー ジャパニーズスタイル完成
鬼のタトゥー、胸から腕にかけての
ジャパニーズスタイルのタトゥー完成。

b0087085_18512023.jpg



胸の鬼はあと一回、
タッチアップが残っていますが腕の鬼と合わせて公開。

タトゥーの持ち主は、
ジャーマン・メタルヘッズのMamono Hunter(マモノハンター)。
ステージネームの由来は日本の古いアニメのタイトルから
取っているとのことですが…
知っている人は知っているタイトルだと思いますが、
それはここでは触れません(^^)



彼は日本のバンドで、
日本国内より海外で知名度と人気の高いバンド
Metaluciferのジャーマンサポートチームのひとりであり、
ドイツのメタルバンド、Metal InquisitorDeathfist
Midnight Riderのベーシストです。

マニアックなメタル好きな方なら知っているであろうバンドです。

現在、新しいタトゥーに着手中。

同時に、Metal InquisitorMidnight Riderの創始者であり、
MetaluciferのジャーマンサポートチームギタリストのBlumi(ブルーミ)にも
タトゥー施術中です。

そのタトゥーはまた後日に。

ジャーマンメタルヘッズへのタトゥーの輪が
こっそり広がっているのを私個人的に楽しんでおります(^^)q



by alhaut | 2018-05-22 18:53 | Tattoo(タトゥー作品)
シュヴァーベン地方でのゲストワーク終了
南西ドイツ、シュヴァーベン地方にある
小さな街Balingen(バーリンゲン)でのゲストワーク終了。
b0087085_08431171.jpg
ベルリンから約12時間かけて到着。
始発でも仕事に間に合わないので前乗り。
b0087085_08433197.jpg
今流行りの民泊、
ネットで見つけたアパートはかなりお気に入り。
b0087085_08433963.jpg
一軒家の屋根裏部屋が私の住まい。
オーナーさんも積極的に宣伝しているわけではないので隠れ家のよう。
ここでゲストワークをする時はいつも住ませてもらっています。
b0087085_08435222.jpg
オーナーのワンコにもなんとなく覚えてもらい、
この子に会うのも楽しみのひとつ。
b0087085_08440434.jpg
自然が豊かな小さな街。
b0087085_08441383.jpg
毎日この景色を見ながら橋を渡ってスタジオへ。

スタジオのオーナーは26歳の女性彫師。
以前彼女がいたスタジオにゲストワークに行っていたことがきっかけで
彼女の独立後、こちらにゲストワークに来ています。
b0087085_08451484.jpg
スタジオのトイレに飾ってある
ドイツの若手ヘアメタル(いわゆるLAメタル)
Kissin' Dynamiteのポスター103.png

トラディショナルメタルが好きなメタルヘッズには
受け入れられないそうです106.png

私とは若干ジャンルは違いますが、
へヴィメタルが好きな彼女とはどこか気が合い、
街も好きなのでベルリンから12時間もかかる山奥の田舎町まで彫りに行ってしまいます。

私がレギュラーで在籍するケルンのスタジオと比べると
かなりのんびりできるスタジオです。


ゲストワークに来たら必ず1日は
彼女とディナーに行きおしゃべりがお約束。

今回はドイツ料理レストランへ、
今が旬のホワイトアスパラガスを食べに行きました。
b0087085_08452440.jpg
これが一人前。
b0087085_08453924.jpg
ひとりで食べきれる量ではないので二人でシェア。
それぞれ注文した前菜のアスパラガススープと合わせて、
この一皿で満腹になりました。

四日間のゲストワークでしたが、
今週は時間の経過がとても早い。
先週は日本の友人がベルリンに来たこともありコンサートに観光と
毎日が濃厚に過ぎるわりに1日の時間の経過が遅く感じたのですが、
今週はあっという間でした。
b0087085_08464005.jpg
再び旅の開始。ケルンへ戻ります。
b0087085_08464945.jpg
この街に初めて来たのは二年前。
Blaze Bayleyのコンサートでした。この何もない駅で降りた時、
一体どこでライブをするつもりなのかと
「ウワッ!」と驚きの声が出た記憶があります。
b0087085_08465963.jpg
しかしここはBang Your Headメタルフェスティバルのお膝元。
ライブハウスはメタルヘッズで満員。
こんなど田舎にメタルヘッズが駆けつけてくることにも驚きでした。

そんな思い出のある町にその後ゲストワークに来るとは思いもよらず、
また、タトゥースタジオがそのライブハウスの真裏だったことはさらに驚きでした。

来週は忙しいです😬

by alhaut | 2018-05-12 08:51
現在進行中のタトゥー208:波のタトゥー
ジャパニーズスタイルの波のタトゥーを開始。
b0087085_17573244.jpg
下描きを完了後施術開始。
b0087085_17591361.jpg
南西ドイツの小さな町。
b0087085_17582636.jpg
次回この町にやってくるのは9月。少し先になりますが、完成までが楽しみです。
by alhaut | 2018-05-11 18:01 | In progress タトゥー途中経過



ドイツで活動中の大阪出身の女性彫師椋妃(Ryoki)です。 2001年から2011年まで、大阪心斎橋のアメリカ村で タトゥーショップを経営していました。ドイツでのタトゥー仕事、日々の出来事を記します。
by alhaut
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
Tattoo(タトゥー作品)
In progress タトゥー途中経過
タトゥーを彫る人、日常
ドイツでの日々
Tattoo Journeyタトゥー旅
タトゥーを彫るまでの流れ
Tattoo convention
(Brazil)ブラジルタトゥー旅
Diary(日々の出来事)
Edu(ALMAH/)タトゥー
Events(イベント)
デッサン
Painting
お客様へお知らせ
旅の道中、車窓
以前の記事
2018年 10月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 04月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧